カスタマーレビュー

2010年9月1日に日本でレビュー済み
絶対「買い」です。
個人的には4000円を超えるあたりから「高い本」というイメージを抱いてしますのですが、この本に関しては値段相応と納得できました。
この手の本を執筆するには、読者レベルの絞り込みが必要ですが、本によっては、経験者にはどうでもいいインストールの項目に長々とページを割いていたり、初心者には全然ワケワカランだったり。この点、本書はターゲットとなる読者層を、しっかりしたスコープで狙い撃ちしています。Perl初心者とかは、完全に無視。「インストールをどう」とか「MVCとは?」というような、「今更な情報」を最低限に収めているところが好感が持てます。全体的にバランスがいいですね。さらに、文章がこなれていて非常に読みやすいこともスバらしい。サクサクと読み通すことができました。同じ日本語でも読みにくい文章はいくらでもありますから・・・
ただ、脚注が多いので、時々思考が妨げられるのが、強いて言えば欠点でしょうか。しかしその脚注はほとんどが重要事項だったりします。

内容は、Catalystを中心に説明しながら、今では半ば常識となった、DBIx、Template-Tookitとの連携を前提として、この両者に関してもかなり詳細な説明がなされています。DBIx、Template-Toolkitのリファレンスとしても使えます。いままでワタシが、公式ドキュメント、Blog等から拾い集めた各所からの情報は、本書では全て網羅されていて、おかげで何枚もプリントアウトした紙をとじたフォルダを、購入を機にまるまる処分することができました。

手許に置いといてい損はありません。
13人のお客様がこれが役に立ったと考えています
違反を報告 常設リンク

商品の詳細

5つ星のうち5.0
星5つ中の5
3 件のグローバル評価
星5つ
100%
星4つ 0% (0%) 0%
星3つ 0% (0%) 0%
星2つ 0% (0%) 0%
星1つ 0% (0%) 0%