カスタマーレビュー

2019年11月8日
佇まいや雰囲気、人の距離感が特に素晴らしく台詞も少ないせいか東京の熱気と空気感がありのままに伝わってきて最高密度に濃い正に映画でした。人混み、から騒ぎ、雑踏、労働、死などが描かれている一方で出会いや、連帯、歌などもありバランスよく配置されており程良くミニマリズムの極致です。欲望渦めき冷淡でよそよそしく震災など死と隣り合わせの深刻な状況下の東京であるのですが、それすら感じさせない人間の存在や底力、力強さ、楽観さ、手を伸ばせばチャンスがあり、頑張っている人を応援する、組み合わせの妙、希望、啓示みたいな何かも感じさせてくれるそんな映画でした。
0コメント 違反を報告 常設リンク

商品の詳細

5つ星のうち3.2
12 customer ratings
¥2,500