カスタマーレビュー

2017年10月22日
人がちゃんと生きて、ちゃんと死ぬ事ができなかった。
そんな狂った時代に生きた、ふつうの若者の物語です。

龍馬の身近な民間人として、憧れつつも別の道を歩んだ。

物語の終盤で語られるメッセージは、歴史上の話でありながら、どこか普遍的です。

現代の、ただの民間人である私も、何か語れる事があるんだと、気づかせてくれた本です。
1人のお客様がこれが役に立ったと考えています
0コメント 違反を報告 常設リンク

商品の詳細

5つ星のうち5.0
1
¥480