FF Wars Amazonベビーレジストリ 本を聴くオーディブル 梅雨対策特集 Amazon MasterCard サマータイヤ TondeSaitama 梅雨対策特集 SpringSummerFashion 【新登場】Fire HD 8 タブレット キッズモデル Fire TV グルメギフト 定期おトク便初回分がクーポンでお得 ペプライムペット Echo Kindle Amazon MP3 アウトドア ナインティナインのバチェラー シーズン3大予想スペシャル!

カスタマーレビュー

2015年12月20日
前編はストリートファイターZero3時代のオオヌキ少年、その友達のツトムの視点で話が進みます。
元々オオヌキは前作のZero2にて大会を制覇した実績をもっており、ウメハラの方が後から参戦してきてましたが
オオヌキも屈指の実力者にも関わらず、前巻のセイバー編と同様に彼に勝つことができません。
大金で基板を買い、学校をさぼり、どれだけ努力を重ねても
負けて悔しい思いばかり。一時的に勝利をしても、その戦いは全国大会決勝戦まで及びます。

そんな中、突出した実力者2人を羨ましく見るオオヌキの友達のツトム。
彼もゲーム、漫画が好きだったが自分には才能が無い。何もかもが「半端者」のと言われてしまいます。
オオヌキもツトムも立場は違えど大きな挫折を味わってしまいました。こんな辛い思いをするのだったら最初からしない方が良かったのでしょうか?
どんな努力をしても結果が伴わなければ意味がないとしたり顔で言う人間はいます。
もちろん結果は大事です。しかし、どんな成功も失敗もすべては通過点であり
酷評された漫画なのに、それでも机に向かい漫画を描き続けるツトムの姿のように
大事なのはこれからどうするかだという事を示唆してZero3、オオヌキ編が終了します。

そして時代は巻き戻り、オオヌキ編でミステリアスな存在だったウメハラが主役となるスト2編が開始されます。
「ゲームやっててもロクな事はないよ」
このセリフからスタートするスト2編。前巻と同様に、当時のゲームセンター特有の空気感を見事に再現しつつ
ウメリュウ誕生のきっかけとなった出会いと闘いがある事を示唆して次巻に持ち越しとなります。
8人のお客様がこれが役に立ったと考えています
0コメント 違反を報告 常設リンク

商品の詳細

5つ星のうち3.0
14
¥626+ Amazonプライムなら、お急ぎ便が無料