Androidスマートフォン特集 Amazonベビーレジストリ 本を聴くオーディブル Amazon MasterCard nav_flyout_biss nav_flyout_videogame AT TOKYO2019 【新登場】Fire HD 8 Fire TV グルメギフト ドラッグストア クーポン祭り 秋の味覚を楽しむキッチン用品 Echo Kindle  Amazon Music Unlimited - 3か月99円で音楽聴き放題 野球用品 戦闘車 シーズン2

カスタマーレビュー

2018年8月13日
まずこれでしょう。作品の明るいタッチや異世界転生の無双的な描写に持ってかれそうになりますがちょっと待ってほしいです。まず大前提として主人公の能力は問答無用で相手を即死させるという凶悪極まりないものです。そう、即死です。死、なんですよ。それも空気を吐くかのように淡々と主人公は相手を殺します。色々な理由を言ってはいますが結局は損か得かなどの打算的な思惑しかありません。つまり軽い。軽すぎるんですよね。命の重さ?何それ?というくらいに感情がありません。今のところでは無双というよりは只の虐殺にしか思えませんでした。描写が明るめでヒロインやその守護霊が明るい方々なので騙されそうになりますがこの主人公がマジで怖いです。実際、こんな人に助けられたら感謝以前に恐怖しか抱かない自信があります。敵がゲスな方々なので一見爽快感があると思いがちですがそれでも相手を倒すではありません。殺しているんですよ、それもあっさりと。感情もなく淡々と処理するその姿は正に殺人マシーンのようです。今のところ悪意全開の女賢者よりもこちらの方がずっと怖かったです。
特に抵抗をもうやめている相手に関しても
躊躇なく殺すその姿は殆どサイコパスにしか思えません。悲壮な信念や人を殺すことの葛藤などまったくありません。
ひたすら無感情で空虚な主人公が一番怖い存在でした。
29人のお客様がこれが役に立ったと考えています
2コメント2件 違反を報告 常設リンク

商品の詳細

5つ星のうち3.1
10
¥648+ Amazonプライムなら、お急ぎ便が無料