カスタマーレビュー

2012年12月20日
さくらのVPSでWebサーバーを運用してます。
低予算でも、なるべく高速なWebサーバーを構築したいと思って、Nginxを試してみることにしました。

・ワンストップで、Nginxの基本が理解できる本が欲しい。
・リファレンスとして使える。
という目的で、本書を買ってみましたが、正解でした!!!

<良かった点>
「入門」という名の通り、初心者でもNginxが使えるように説明されてました。

・Linuxの基本操作の説明
Nginxを導入する前に、サーバー構築に必要となるLinuxの基本操作について、1章を割いて丁寧に説明してくれていた。
読み飛ばしてもOKなんだけど、思いがけずLinuxの復習になって良かった。
Linuxをあまり使ったことがない人でも、初歩の話から始まっているので、Nginxを手動コンパイル&インストールができるようになってる。
(とりあえず使ってみるだけなら、パッケージで自動インストールする方法でも十分だけど、カスタマイズしたい場合は、やっぱソースからコンパイルする必要があります。)

・手動インストール
Nginxをバージョンアップするとき等、バージョン別に管理できる手法が紹介されていた。
=47ページ(シンボリックリンク、ハードリンク)、78ページ(prefixスイッチ)あたりの話。

要は、例えば「/usr/local/nginx-0.7.66」に本体をインストールして、そこに「/usr/local/nginx」というシンボリックリンクを張って管理する、という手法です。
こうすれば、バージョンの違うNginxを入れたり、コンパイルオプションの違うNginxを入れても、シンボリックリンクのリンク先を切り替えるだけでOKなので、管理が楽になると。

自分としては、これが本書を読んで一番参考になった部分だったかも。
(Nginxに限らず他のソフトでも使える、普遍的な手法の一つだと思うが、今までやってなかった。)
Nginxは、Apacheと違って、使用するモジュールを後から動的に追加できないから、ときどきコンパイルし直す場面もあるかも?
=そんなときに、本書の手法が役に立ちます。

あと、Nginxを稼動させたまま、バージョンを切り替える方法も紹介されている。
=115ページ(Nginxの穏便なアップグレード)あたりの話。
=本番サーバで、Nginxをアップグレードするときに役立つ知識だ。

<悪かった点>
訳注がついているので大丈夫なのだが、PHPの利用方法で混乱が生じる点があった。
=199ページ(PHPとPHP-FPMのセットアップ)あたりの話。
=php5.3.3以上はPHP-FPMが入っているので、パッチを当てる作業が必要ない。

「FastCGI」という仕組みで、Nginx+PHPを使う場合、ネット上の古い情報だと「spawn-fcgi」を使う方法が紹介されているが、
PHP-FPM(FastCGI Process Manager)を使えばOKなので、「spawn-fcgi」は不要であるということ。
本書の責任ではないが、「spawn-fcgi」は不要であり、その代わりにPHP-FPMを使うんだよ!という説明も明記してくれていたら、もっと良かった。

さらに欲を言えば、
・Nginx+PHP、Pythonの利用方法は紹介されてたけど、Rubyの説明がなかった
・Proxyキャッシュサーバー(Vanishとか)との併存
・ApacheとNginxのベンチマーク比較
とかの説明もあったら良かったけど、まあページ数足りんわなー。

Nginxで「C10K問題」に対応!…あとは、アクセスが殺到するような、人気サイトを作るだけですねorz
20人のお客様がこれが役に立ったと考えています
0コメント 違反を報告 常設リンク

商品の詳細

5つ星のうち3.7
7 customer ratings
5 star
53%
4 star
20%
3 star 0% (0%) 0%
2 star 0% (0%) 0%
1 star
27%