カスタマーレビュー

2012年4月9日に日本でレビュー済み
都市論の古典にして必読書。
なによりも,今なお新しいという感じを受けます。
「まちづくり」に関する言説は枚挙にいとまがありませんが,本書はその中でも別格。
なにか,ぼんやりとした主張なのではなく,非常に切れ味の鋭い分析なのです。
彼女は,アメリカにおける賑やかな地域を,足をつかって目で見ることから機能的に都市の抱える問題点を明らかにしました。
モータリゼーションの背景で進む都市の荒廃。これはまさに,現在の日本が抱えている問題そのもののように思えます。
18人のお客様がこれが役に立ったと考えています
違反を報告 常設リンク

商品の詳細

5つ星のうち3.4
星5つ中の3.4
14 件のグローバル評価