カスタマーレビュー

2016年1月20日
炭水化物の弊害はここ数年いろんな形で語られるようになりましたが、我々現代人はこの炭水化物に対していまだに無頓着に大量消費し続けています。このままではいくら医学が発達しているとしても病気を治すことは不可能でしょう。ガンはブドウ糖を好みこれを栄養源にして増大していくというのはあまり知られていないでしょう。抗がん剤が効かない理由もここにあります。炭水化物、なかんずく糖質を一切断ってビタミンC点滴をすればものの数か月の間に重度のがん患者のがんが消滅していく症例がいくつか紹介されています。また炭水化物があらゆる病気と因果関係を持っていることがわかる本でもあります。ガンが営業源としているブドウ糖は糖質から作られるわけですが、これの分子構造はビタミンCと酷似しているため、ガンがビタミンCをブドウ糖と誤認して取り入れてしまうらしい。そしてガン細胞に取り込まれたビタミンÇは過酸化水素に変化してがん細胞と退治していくとのこと。ところがいくらビタミンCを点滴しても、炭水化物を撮り続けて体内に多量のブドウ糖が存在すればがん細胞はこちらのブドウ糖を栄養源とするため、治療効果が生まれないとのことです。炭水化物を完全に断つのとビタミンCの大量点滴により効果が生まれるというところが肝心なところ。
また抗がん剤治療とビタミンCの大量点滴を併用すれば抗がん剤の副作用が出ないそうです。これは本当にすばらしい。ところが抗がん剤治療を過信している医者についているとビタミンÇの点滴をさせないらしい。だから西脇ドクターの治療に理解がある医師にかからなければ苦しむことになります。この無理解と西脇ドクターは戦っているようです。西脇ドクターによればいくら治療しても炭水化物を摂取し続けた患者は縮小したがんが再び復活して大きくなり亡くなられた例を挙げられていました。巷にたくさんあるガン治療方法に依存することなく、ガンで苦しむ方やガンを患う親類がいる方にとってはこの西脇ドクターの本を今すぐ読んでください。ホンモノであることが確信できます。
35人のお客様がこれが役に立ったと考えています
0コメント 違反を報告 常設リンク

商品の詳細

5つ星のうち3.9
22
¥1,197+ Amazonプライムなら、お急ぎ便が無料