Androidスマートフォン特集 Amazonベビーレジストリ 本を聴くオーディブル psm Amazon MasterCard Winter_Bike AT TOKYO2019 Fire HD 10が4,200円OFF Fire TV グルメギフト ドラッグストア クーポン祭り DIY・ガーデニング タネ・苗ストア 春のガーデンストア Echo Kindle Amazon MP3 野球用品 戦闘車 シーズン2

カスタマーレビュー

2018年11月7日
正直に白状すると、自分は子供の頃に、自分は宮沢賢治さんの作品を読むのに人生経験が足りないか、性格があっていないと感じました。いくつかの作品では自分なりに感じることもありました。しかし、いくつか読んだ作品の大部分は賢治愛を語る大人が言うほどストレートには自分の心には響かなかったのです。ただ自分が読みこなせないだけで深いものがあるだろうとは感じました。そこで子供の頃に自分がとった手段は、まず賢治の伝記を読むことでした。読んで自分は賢治の作品を理解するには人生経験が足りないということに確信を深めました。賢治は決してデクノボーと呼ばれるような人ではなく(だからこそそう呼ばれたかったのしれませんが)人のために尽くすような人であったこと。若くして大病をしたり恋愛をしたこと。芸術への理解、深い信仰心。到底今の自分に理解が出来なくてもしょうがないと思えました。しかし、いつか少しでも理解できるようになるだろうか、と思っていました。どの作家にもそんな思いを持つわけではありません。例えば自分は志賀直哉の「暗夜行路」を読んだとき、これを理解するには自分の経験が足りないと思いましたが、別に理解しなくてもいいとも思いました。ヘッセの「少年の日の思い出」に感じるものがあったので「デミアン」も期待しましたが、自分は少年から青年期の経験不足のまま大人になってしまったと悟りこれはもうどうにもならないのではと思いました。でも、賢治はいつかは少しでも自分の心に触れるものが増えるのではないか、そう思い続けています。そしてこの本を読んでみることにしました。やはり賢治を熱く語る方々の言葉は、今の自分にはまだ手の届かないところにあると思いました。しかし、その語り合いの中で良いエネルギーの交換が行われているようには感じられます。そこにこの本のもっとも大きな特徴があるように思います。かつて感じた、いつかは賢治の理解に少しでも近づけるだろうか、という思いは生々しく思い出され、まだ遠い高みにあるように感じられる賢治について、いつか自分も賢治を語れるようになれるだろうか、との思いを持ちました。
0コメント 違反を報告 常設リンク
詳細

製品リンクとは何ですか?

レビューのテキストでは、Amazon.comで提供されているすべての製品に直接リンクを貼ることができます。製品リンクを挿入するには、以下の手順を実行してください:
1. Amazon.comで参照する製品を検索します
2. 製品のウェブアドレスをコピーします
3. クリック 製品リンクを挿入
4. ボックスにウェブアドレスを貼り付けます
5. クリック 選択
6. 項目を表示することを選択すると、次のようにテキストが挿入されます: [[ASIN:014312854Xハムレット(Pelican Shakespeare)]]
7. レビューがAmazon.comに表示されると、このテキストは、次のようにハイパーリンクに変換されます:ハムレット(Pelican Shakespeare)

レビューでは製品リンクは10個に制限されています。また、リンクテキストは256文字以下にしてください。


商品の詳細

5つ星のうち5.0
1
¥1,200