カスタマーレビュー

2011年10月30日
これまで、ほとんどの江國香織作品を読んできました。

しかし最近は、新刊が出ても、ぜひとも読みたい!とは思えなくなっていました。

登場人物が何を考えているのかわからず、共感することが難しかったんです。

この作品は、違いました。

古いお屋敷に住む、風変わりな一族の話。
色々な年代、それぞれの語りで進んでいく章立て。
読み進めていくにつれ、驚きながらも腑に落ちていく−今この人がこうなのは、こんな過去があったからか、とか。
(読みながら、私は何度か声をあげてしまいました)

一番嬉しかったのは、登場人物たちが、ちゃんと人間臭く喜怒哀楽を見せていたことです。
感情にリアリティがありました。

とても面白かったです。
7人のお客様がこれが役に立ったと考えています
0コメント 違反を報告 常設リンク

商品の詳細

5つ星のうち4.5
24
¥1,870+ Amazonプライムなら、お急ぎ便が無料