Android CTL2019 本を聴くオーディブル Amazon MasterCard nav_flyout_biss nav_flyout_videogame SpringSummerFashion 【新登場】Fire 7 キッズモデル Fire TV グルメギフト 実質無料サンプルストア 大型家具・家電おまかせサービス Echo Kindle Amazon MP3 アウトドア 言の葉の庭

カスタマーレビュー

2018年2月22日
私の父は出兵を夢見て、学生のまま終戦を迎えた世代でした。
ゆえに、息子の私に語る大日本帝国は矛盾ばかり。
零戦を誇りとし、戦艦大和を褒め、昭和天皇には複雑なものを抱いておりました。

学校では「国の象徴として、以前のような権力を有しない」ことが強調された程度。
右も左も、ましてや国体など語るのは、大人すら敬遠していましたから。
私も社会に出るまで、いやほんの数年前まで、天皇に対して何か思うところすら無かったように思います。

大人それぞれの思いが異なり、一人の大人であっても思いが定まらない存在。
そうした考えを聞かされた私も、昭和天皇に対しては是も非も分からないまま、今日まで生きております。

天皇の存在を大きく感じたのは、東北の大震災でした。
当時の日本が余りにも不甲斐無く思え、そしてあの災禍。
あの時ほど、天皇と国家の存在というものを、思い知ったことはありません。

それだけ平和と経済成長を享受していた訳です。
世界の変化、日本を取り巻く不穏な出来ごと、それらを日本人として考える。
恐らく、私に欠けている視点は、この作中の時代に前例として示されているはずです。
私のように、日本という国を当たり前の環境として疑わなかった人に、この作品は読む価値があるのだと思います。
77人のお客様がこれが役に立ったと考えています
0コメント 違反を報告 常設リンク

商品の詳細

5つ星のうち4.3
86
¥648