Androidアプリストア CTL2019 本を聴くオーディブル Amazon MasterCard nav_flyout_biss nav_flyout_videogame SpringSummerFashion 【新登場】Fire 7 キッズモデル Fire TV グルメギフト 実質無料サンプルストア 大型家具・家電おまかせサービス Echo Kindle Amazon MP3 アウトドア 言の葉の庭

カスタマーレビュー

2019年1月31日
『サッキング・イン・ザ・70s』(Sucking in the Seventies)は、
1981年にリリースされたローリング・ストーンズのコンピレーションアルバム。

選曲や編集など評判は芳しいものではないが、個人的には大好きで、定期的に聴きたくなる一枚です。
特に1曲目から2曲目の流れは何度聴いても興奮と陶酔感を味合わせてくれる。
通しで聴いても気だるく荒んだ感じが凄く良い。

アルバムに入っていないとの理由で本作を入手する根拠の一つとして挙げられる
「Everything Is Turning to Gold」
は、パリ市内のスタジオで1977年10月から12月にかけて録音され、
1978年の6月にシングルリリースされた「シャッタード」のB側に収められた。
本作は、曲をロンウッド、詩をジャガー、およびリチャーズが手掛けたが、
曲を書いたロン・ウッドは、彼の長男のジェシーJesse James Woodが
1976年の11月1日にロサンゼルスで生まれた事に触発されて曲を思いついたとのことである。
5人のお客様がこれが役に立ったと考えています
0コメント 違反を報告 常設リンク

商品の詳細

5つ星のうち3.4
21
¥2,880+ Amazonプライムなら、お急ぎ便が無料