FF Wars Amazonベビーレジストリ 本を聴くオーディブル 梅雨対策特集 Amazon MasterCard サマータイヤ TondeSaitama 梅雨対策特集 SpringSummerFashion 【新登場】Fire HD 8 Fire TV グルメギフト 定期おトク便初回分がクーポンでお得 ペプライムペット Echo Kindle Amazon MP3 アウトドア ミッション:インポッシブル フォールアウト

カスタマーレビュー

2009年6月28日
朔太郎の詩は「鋭い現代的感性と、一方どこか日本的な情緒深いものを兼ね備えた特長ある詩」である。「現代的鋭い感性」とは病的な繊細さ、現代的病性と言えよう。この感性は強烈であり、一時的に抵抗感を持たれるかもしれない。一方、「日本的な情緒深いもの」とは日本の伝統的な抒情性、懐かしさ、郷愁性と言ってよい。朔太郎の詩は、従って、現代的感性と伝統的な情緒が併存する特長ある詩であり、他の追随を容易に許さないものだろう。試しに、前者と後者の例を引用してみよう。

 地面の底の病気の顔

地面の底に顔があらわれ、
さみしい病人の顔があらわれ。

地面の底のくらやみに、
うらうら草の茎が萌えそめ、
鼠の巣が萌えそめ、
巣にこんがらかつてゐる、
かずしれぬ髪の毛がふるえ出し、
・・・・・・・

 孤独

田舎の白つぽい道ばたで、
つかれた馬のこころが、
ひからびた日向の草をみつめている、
ななめに、しのしのとほそくもえる、
ふるえるさびしい草をみつめる。

・・・・・・・・
8人のお客様がこれが役に立ったと考えています
0コメント 違反を報告 常設リンク

商品の詳細

5つ星のうち4.5
15
¥821+ Amazonプライムなら、お急ぎ便が無料