カスタマーレビュー

2018年9月15日
初版から80年以上読み継がれているのは、惜福、分福、植福の有名な幸福三説に代表されるように、生きる人すべてに幸福をもたらすにはどうすればよいかが説かれているからのようである。「解説」にも示されているが、正法眼蔵の行持の章にも修行は自分一個にとどまるのでなく他人もその功徳をこうむる植福に通じるとある。これからも長く読まれていく書物と思われる。
5人のお客様がこれが役に立ったと考えています
0コメント 違反を報告 常設リンク

商品の詳細

評価の数 21カスタマーレビューの数 20
5つ星のうち4.0
¥814+ Amazonプライムなら、お急ぎ便が無料