カスタマーレビュー

2021年7月31日に日本でレビュー済み
8月に全島一斉に祝砲が打ち上げられた日本側の証言は8月15日だと思い込んでいる人が大半です。当時はカレンダーのある生活ではなかったので仕方がないのですが、日記をつけていた仲宗根山戸氏によると10日(金)です。仲宗根源和「琉球から沖縄へ」でも10日です。池宮城秀意「沖縄の戦場に生きた人たち」でも10日となっています。本書315頁では11日に19人が祝砲で亡くなったとあります。実際のポツダム宣言受諾の電報は10日に打電されています。330頁のニューバゥア軍曹の日記では10日に祝砲が上がっているのでリトルジョン曹長の日記は何か勘違いが紛れ込んでいるのでしょう。473頁の自殺断崖ですが摩文仁では多数の民間人、軍人が海岸を右往左往していたのに、上から人が飛び降りてくるのを目撃した証言は皆無です。親族が「見たらしい」とか目撃位置不明ながら「見た」という証言はありますが。本書は米兵の日記であり史料として大変貴重なものです。次の出版も準備されており心待ちにしています。
1人のお客様がこれが役に立ったと考えています
違反を報告 常設リンク

商品の詳細

5つ星のうち5.0
星5つ中の5
1 件のグローバル評価
星5つ
100%
星4つ 0% (0%) 0%
星3つ 0% (0%) 0%
星2つ 0% (0%) 0%
星1つ 0% (0%) 0%