カスタマーレビュー

2016年12月18日
・財産を渡す側が生前にできる事は、事後の専門家の助けよりも遥かに大きい。

・エンディングノートは、考えの整理の役には立つが法的効果はない。

・相続を「争続」にしている人達は、財産5000万以下の一般人が大半だ。

・アパート建設で相続税を減らす方法は、相続税を支払うカネがなくなったり、
 遠方で管理できなかったり、問題を引き起こす場合も多い。

・財産一覧表を作成せよ。

・名義預金や名義株式では、贈与を否認されてしまう。

・ネットバンクの口座は、通帳がないので見落とされるリスクがある。

・1億6000万円と配偶者の法定相続分のいずれか多い方までは、配偶者は非課税。

・老後に3000万必要とか、1億必要とか、平均額に踊らされるな。
 持ち家か賃貸か、都市か地方か、人により、全く違うからだ。

 どんな専門家よりも貴方自身が最も正確な数字を出せる!

・人生の3大支出は、子供の教育費用、住宅購入費用、老後費用。

・生前贈与の活用も、終活のひとつだ。

・相続の場合、事後に準備や配慮の不足が判明しても取り返しがつかない。

・贈与の非課税の特例は、条件が複雑なので十分に注意が必要だ。

・自筆遺言では、隠匿のリスクがあるので公正証書遺言にすべき。

・遺留分への配慮をした遺言書を書かないと、禍根を残す。

・遺言書に、預金の額まで書かない事で、書き直しを減らせる。

・金融機関の口座凍結は、家族が死亡を伝えた時からだ。

・生命保険金は、相続財産とならず、遺産分割の対象にならない。

・遺言書は、貸金庫に入れてはならない!
10人のお客様がこれが役に立ったと考えています
0コメント 違反を報告 常設リンク

商品の詳細

5つ星のうち5.0
4
¥1,944+ Amazonプライムなら、お急ぎ便が無料