Androidアプリストア Amazonベビーレジストリ 本を聴くオーディブル psm Amazon MasterCard サマータイヤ nav_flyout_videogame 梅雨対策特集 SpringSummerFashion 【新登場】Fire HD 8 タブレット キッズモデル Fire TV グルメギフト 暑さ対策セールクーポン利用でお得 大型家具・家電おまかせサービス Echo Kindle Amazon MP3 アウトドア 60日間無料キャンペーン

カスタマーレビュー

2018年12月13日
その昔、財政課に勤務すると「いじが悪くなる」と言われたものでした。仕事のストレスが高いので「胃」が悪くなり、座りっぱなしの長時間労働で「痔」が悪くなる。同時に、一円でも予算を削ろうと、鵜の目鷹の目で要求項目のアラ探しするので「意地」も悪くなる…。
昔の話かと思っていたら、本書を読むと、つい最近までそうだったようです。要求側と査定側が対峙し、互いに情報を隠しあい騙しあう予算編成は、ひたすら関係者を疲弊させるばかりでした。
本書は、そのような「ドツボ」にはまり込んでいた自治体予算編成を、「もう少しマシなものにしよう」とする、筆者の奮闘の記録です。キーワードは「対立を対話で乗り越える」。その手始めに筆者が始めたのが「財政出前講座」でした。そもそも、他部局の一職員のリクエストに応じて腰軽く「講座」の「出前」に来てくれる財政課長というものそのものが、既存の「財政課」のイメージを打ち壊すものでした。出前講座が大好評だったウラには、そういう「物珍しさ」もあったものと思われます。
そして財政出前講座を全国的ヒットにしたキラーコンテンツが、「SIM2030」という役割演技(ロールプレイ)ゲームです。SIMの魅力は多々ありますが、予算編成を自治体幹部の立場で擬似体験できる点において、非常に優れています。ものすごく限られた時間で、本来比較できない異質なもの(例えば、福祉と産業振興を公正に比較できるモノサシなんて、この世のどこにもありません)を、無理やり比較して選択するときの、切迫感と葛藤状況を、実にリアルに味あわせてくれます。終わったあとぐったり疲れますが、不思議とそれが気持ち良かったりします。脳みそに良い汗かいた、という感じです。
人口減少社会に突入した今日、自治体の予算編成はますます厳しくなっていきます。それを克服する方向性は、本当に「対話」しかないと思います。予算編成を明るく生産的にするために、そしてあなたのまちの未来を考えるために、本書はきっと役に立つと思います。(役所の中ですら「対話」できてないのに、市民と「対話」なんて、できるはずがありませんよね?)
抜本的に根が明るいので、読んで楽しい本になっています。おススメです。
20人のお客様がこれが役に立ったと考えています
0コメント 違反を報告 常設リンク

商品の詳細

5つ星のうち4.4
12
¥2,052+ Amazonプライムなら、お急ぎ便が無料