カスタマーレビュー

2019年1月21日
私は日本経済が華やかし1980年代に東南アジアに駐在し、ジャパンアズナンバーワンを体現するが如く現地にて営業マーケッティング活動を行っていました。巷には急激な円高に伴う日本人旅行者が溢れ、昨今の中国人の様に爆買いをしていました。まさに豊かな先進国と貧しい発展途上国の二極化の構図を身を持って経験しました。

その後、日本はバブルが弾け長い景気低迷に入る一方、東南アジア諸国(全てではありませんが)は目覚ましい経済発展を遂げました。現地に度々出張や旅行で渡航する機会があったので、私の東南アジア観は適切なアップデートがなされているものと信じて疑いませんでした。

しかし二十代の若かりし頃の原体験は強烈で、本書を読んで初めてその呪縛に支配されてきたことに気づかされました。分断の時代は終わっていたのです。長い間海外事業に携わり間もなく定年を迎えますが、もっと前に本書に出会えていればと恥ずかしながら思っております。

後進の皆さんには私と同じ轍を踏まないよう本書をお勧めする次第です。

最後に、天国のハンス氏を甦らしたかの様な生き生きとした日本語の語りかけに本書を仕上げてくれた二人の訳者と編集者に心よりの感謝と敬意を表します。
236人のお客様がこれが役に立ったと考えています
0コメント 違反を報告 常設リンク

商品の詳細

5つ星のうち4.1
313
¥1,944+ Amazonプライムなら、お急ぎ便が無料