Android CTL2019 本を聴くオーディブル Amazon MasterCard nav_flyout_biss nav_flyout_videogame SpringSummerFashion 【新登場】Fire 7 キッズモデル Fire TV グルメギフト 実質無料サンプルストア ペプライムペット Echo Kindle Echoシリーズと音楽6か月分がセットでお得 アウトドア Amazonビデオナイト  レンタル100円

カスタマーレビュー

ベスト1000レビュアー
2006年11月4日
 どれもみな抽象画であるのには驚いた。わかりやすい「ぞうさん」のうたを作る人がこんな分かりにくい絵を描くのはどうしてか。どんなつながりがあるのか。谷川俊太郎は言う。「過剰なほどに画面を塗りつぶし、抽象せざるを得ない言語化不能な内部の暗黒領域を外部へつなげようとする」すなわち心の中の言葉にはならないものを、むりにねじ曲げて言葉にしない。このような自分の内面風景をそのまま偽らず表現していると言えよう。

「絵を見るときくらいは、自分の視覚を自由にさせておいてやりたい」とまどさんは言う。表面をなどるのではなく、もっと奥にあるもの、事物がそこから生まれてきた混沌(カオス)へと向かう。

 まどさんの詩を読むときも存在の奥にあるものを捉えているのかもしれないという観点で次の詩を味わってみよう。

    どうして いつも

  太陽 月 星  

  そして 雨 風 虹 やまびこ  

  ああ 一ばん ふるいものばかりが

  どうして いつも こんなに

  一ばん あたらしいのだろう
23人のお客様がこれが役に立ったと考えています
0コメント 違反を報告 常設リンク

商品の詳細

5つ星のうち5.0
6
¥3,456+ Amazonプライムなら、お急ぎ便が無料