星のドラゴンクエスト Amazonベビーレジストリ nav_flyout_akuta Amazon MasterCard Wintertire nav_flyout_videogame WinterSale 【新登場】Fire HD 8 Fire TV バレンタインギフト特集2019 定期おトク便の初回発送分がお得に DIY・ガーデニング 降雪対策グッズ特集 Echo Kindle Amazon MP3 ウィンタースポーツ グランド・ツアー シーズン3

カスタマーレビュー

殿堂入りNo1レビュアーベスト50レビュアー
2018年12月13日
生きているうちに本書に出会えたことを心より感謝申し上げます。
本書は単なる歴史本ではありません。現存する莫大な歴史資料を集め、パズルのピースのようにつなぎ合わせ、不足の部分を筆者の知的考察によってつなぎ合わせていく一大日本歴史大河ロマン、日本国作り物語であり、一流のストーリーテラーたる百田尚樹氏ならではの作品です。
なぜ、古代中国人は日本人を倭人(わじん)と呼んだのか、邪馬台国は大和朝廷なのか?など記録には一切残っていない数々の謎が筆者の見事な考察によって紐解かれて様はさながらミステリー小説を読んでいるようなワクワク感があります。
日本の歴史はこうだ!と決めつけたり押しつけたりするのではなく「歴史的事実」、「筆者の推論」、「他の研究者らの論」などが明確に明記されており、分からないことははっきりと分からないと述べられています。文言としても「絶対に間違いない!」とかではなく「あくまでも推測である」と表現しており、慎重かつ謙虚に日本史を探っていこうという筆者の真摯な姿勢がうかがえます。
私たちは学者でもない限り、学校やメディアで伝えられた歴史しかしりません。ここに漠然としたモヤモヤ感がありました。本書の帯のコピーにある「私たちは何者なのか。」ということです。
自分が何者であったかを知ることは、アイデンティティの確立につながり、生きる上での姿勢になります。1,800年前に書かれた『魏志』「倭人伝」には「日本人は盗みをしない、風俗が乱れていない、争いごとは少ない」と記されていたそうです。無人の野菜販売所があるような今の日本人はそうしたルーツの上に立っているのです。
構成としては全509ページ、各時代ごとに14章に分かれており、本の丁度真ん中ほど229P目より第七章「幕末~明治維新」が始まります。学校授業では三学期頃に腫れ物に触るようにすっ飛ばして教えられたスカスカの近代史をじっくりと補填出来ることにはとても価値があることです。
それにしてもこれだけ膨大な情報を調べ上げて一冊の本に仕上げる作業はまるで神業のようです。筆者の百田氏をはじめ編集の有本氏、その他多くの方の尽力を思うと頭が下がる思いです。

本書を読むに当たってはある程度の歴史予備知識が必要です。地図、写真や絵などのグラフィックは一切なく文字のみだからです。例えば、高句麗、新羅などの各国の地理的な位置とか、「銅鐸」など形状など記載されていないので全く見たことがない人には分かりづらいでしょう。次回はグラフィックを入れて小中生にも分かりやすくされては如何でしょうか。
本書はあくまでも「日本の新たなる目覚めへの幕開けを告げる」始まりの書ではないかと思います。日本人の正しい歴史認識への宣戦布告です。歴史的な事実は時を経て新たな発見はありますし、百田氏自身が新しいアイディアを見いだすこともあるでしょう。
今を生きる日本人、後世の日本人のためにも、是非、百田氏にはライフワークとして生涯に渡って改訂版を執筆しつづけて欲しいと思います。
毎年、改訂版が発売されても買います!
4,821人のお客様がこれが役に立ったと考えています
6コメント6件 違反を報告 常設リンク

商品の詳細

5つ星のうち4.7
835
¥1,944+ Amazonプライムなら、お急ぎ便が無料