カスタマーレビュー

2016年9月21日に日本でレビュー済み
私はこれまでにSony XB3、Anker SoundCoreを使用してきました。
自宅ではBose SoundTouch520で音楽を聴いています。

結論から言いますと
色々な観点から
"この製品は大手を越えています"
まさに下剋上。
※あくまでも主観ですので悪しからず。

その理由を述べていきます。

はじめに音質から。
低音は文句なしの音圧で、こもった感じは一切ないです。
XB3のEXTRA BASSだと低音が強調され過ぎてこもった感じになりますが、そういうのは全く感じられません。
低音が強いかといって中音や高音が埋もれることなくしっかりとクリアに抜け出てくるサウンドは見事です。
このように全体的に音質が良く、プレイヤー側のイコライザで様々なリスニング環境に対応できます。
また、ライブ音源では会場の雰囲気まで伝わるような印象を受けます。

次にダイナミックレンジの広さです。
冒頭でSoundTouch520使用と書きましたが
やはり独立したウーファーと比較すると劣ります。
しかし、このサイズです。
所有のウーファーの1/20くらいのサイズでここまで出れば十分です。
しっかりと音に厚みがあります。
そのため、スマホの動画アプリなどで映画を観たり、TVに繋いでなんちゃってホームシアターとしても十分活躍できます。
他にも出先でポータブルDVDプレイヤーに繋いで使用するのも面白いかもしれません。

最後にコスパです。
このようなコンパクトスピーカーを語るとよくBose SoundLink miniの名が出てきますが、私がなぜそれを買わなかったのか、それは高過ぎるからです。
店頭で何度も視聴しましたが、確かにSoundLink miniは良いものです。
しかし、最近のコンパクトスピーカーには安くて良いものがたくさん出ています。
その中で2万超の製品ですから良くて当然と言えます。
ましてや、外に持ち出して音楽を聴くというニーズに対して、非防水なのは如何かと。
2万超の物が突然の大雨で壊れましたでは残念過ぎますよね。
一方こちらの製品は防水に対応していて、外箱から製品の細かなとこまで質感が大変良く、値段もSoundLink miniよりも安い。
同じ価格帯の製品と比較してもトップ3に入るでしょう。

以上、いくつかの観点からレビューさせていただきましたが、この値段でここまでの製品を作ったVAVA社は本当に素晴らしい企業だと思います。
この社名は日本ではまだあまり知られておらず、人気もありませんが、もっと知名度が上がれば間違いなく売れるでしょう。

おわりに
今回はもっと多くの方々にこの製品を試していただきたいと思い、拙いレビューをさせていただきましたが
製品モニターやメーカーから譲り受けてレビューしているわけではなく
純粋に自腹で購入してのレビューでした。

もし他の製品と迷っていたらこちらを購入されることを強くおすすめします。
37人のお客様がこれが役に立ったと考えています
0コメント 違反を報告 常設リンク

商品の詳細

5つ星のうち0.0
星5つ中の0
評価の数 0
星5つ (0%) 0%
星4つ (0%) 0%
星3つ (0%) 0%
星2つ (0%) 0%
星1つ (0%) 0%