FF Wars Amazonベビーレジストリ 本を聴くオーディブル psm Amazon MasterCard サマータイヤ TondeSaitama 梅雨対策特集 SpringSummerFashion 【新登場】Fire HD 8 Fire TV グルメギフト 定期おトク便初回分がクーポンでお得 ペプライムペット Echo Kindle Amazon MP3 アウトドア ナインティナインのバチェラー シーズン3大予想スペシャル!

カスタマーレビュー

2019年1月18日
 小生、愛知県下の人口7万4千人の地方都市を4年前に定年退職して、今は再雇用で働いていま

す。
 現役の時、自治体職員有志の会へ参加し、そのご縁でフェイスブックで繋がった福岡市役所の

今村さんが、この度「自治体の台所事情“財政が厳しい”ってどういうこと?」を出版されまし

た。自分も現役職員だったら、「財政出前講座」を一度は受講していたと思いますが、現場を離

れた身ですので、今回、今村さんの講座のエキスを知りたくて本を購入しました。
 著者の今村さんは、現在は福岡市経済観光文化局の創業・立地推進部長の職ですが、それ以前

は財政調整課での勤務が通算10年近くあり、自治体職員、財政課経験者の立場で「財政が厳しい

ってどういうこと?」を書いています。
 僕流の解釈で言うと、家庭でいう「可処分所得」が自治体の予算の中では、どうなっているの

か・・・、所謂「政策的経費」の扱いを財政経験者の立場から述べられています。。
 自治体が政策的経費をどのように捻出し、どのように行政内部、議会、市民との間で合意形成

をしていくのか、そのキーワードは、「スクラップ&ビルド」ではなくて、「ビルド&スクラッ

プ」そして「対話」が必要ではないかという問い掛けです。

 自治体職員がこれらを理解するために各都市の2030年の姿をイメージして、自治体の歳入歳出

の仕組を知ったうえで、職員が幹部職員になったつもりで政策決定のプロセスに関わり、自治体

内部の議論、議会との議論、市民説明・・・このようなことをシュミレーションして「考え方が

異なる対立を対話で乗り越えていく」というのを仮想体験する。
 このような学習方法を編み出し、全国の自治体からオファーが来て出前講座を実践しているの

が今村さんです。それを書籍にしたのが今回の本です。
 自治体経営に関わっている職員は、我がまちの「財政が厳しい」の実体は何かを知り、未来に

向けて「市民が暮らしやすいまち、住み続けたくなるまち」を目指す努力が必要です。

 小生、この本を読了後、次の時代を担う若い職員に本をプレゼントしました。職員も今村さん

の「財政出前講座」のことは知っていましたので、この本に刺激を受けて自治体職員として成長

すると思います。

 今村さんの日頃の活動を見ていると、小生の好きな言葉「縁尋機妙 多逢聖因」という安井正

篤氏)の言葉を思い起こします。
5人のお客様がこれが役に立ったと考えています
0コメント 違反を報告 常設リンク

商品の詳細

5つ星のうち4.4
12
¥2,052+ Amazonプライムなら、お急ぎ便が無料