カスタマーレビュー

2005年11月26日
そばに関するウンチク本は多い。この本もあるいはその類かと思いつつ、タイトルが変わっているので読んでみた。私の予感はいい方に外れた。そばに関するウンチクも半端でないほど述べられているが、むしろ、そばに対しても、人生に対しても、限りないほど忠実でやさしい一人の男の生き方が浮かび上がってくる、そんな「本」と感じた。

その男とはもちろん著者、平沼孝之氏に外ならない。うわべだけのかっこよさを気にする人の多い世の中でもこんな人もいるのかと、すがすがしい気持ちになれた。著者プロフィールに使われている平沼氏の写真が実にいい!
2人のお客様がこれが役に立ったと考えています
0コメント 違反を報告 常設リンク

商品の詳細

5つ星のうち5.0
2 customer ratings
5 star
100%
4 star 0% (0%) 0%
3 star 0% (0%) 0%
2 star 0% (0%) 0%
1 star 0% (0%) 0%
¥1,320+ Amazonプライムなら、お急ぎ便が無料