FF Wars Amazonベビーレジストリ 本を聴くオーディブル 梅雨対策特集 Amazon MasterCard サマータイヤ TondeSaitama 梅雨対策特集 SpringSummerFashion 【新登場】Fire HD 8 Fire TV グルメギフト 定期おトク便初回分がクーポンでお得 ペプライムペット Echo Kindle Amazon MP3 アウトドア ナインティナインのバチェラー シーズン3大予想スペシャル!

カスタマーレビュー

2018年5月23日
自分にとっては激動を予感させる50代に突入し、しっかり人生を生き切ろうと思っているが、

初めてショーペンハウアーを読んで、幸せなぞ目指すな、苦痛がなければそれでいい、という考え方に触れ、

人生の指針が一つ増えた気がする。

体全体が健康でも、一箇所痛むだけで、そこばかりに注意が行き、他の健康な所には意識がいかないでしょ、

といった指摘は、忘れないでおこうと思う。

人は幸せを感じるために生きている、と今まで思ってきたが、幸せとは、決して享楽的なものではなく、

苦痛がない落ち着いた状態なんだろう。

その域に達するために、人生と戦い、自分を磨きなさい、とショーペンハウアーは言っているのだろうか。

「幸福に対する要求をできるだけつつましくするのが、大きな不幸を逃れる最も確実な方法である。」(p203)

「障害を克服するとき、人間は生を満喫し、障害と戦って勝つことで幸せになる。」(p263 )

「人の行為に腹を立てるのは、行く手に転がっている石に腹を立てるのと同じように愚かしいことだ。」(p275)

ショーペンハウアーをペシミストと捉える人もいるが、自分はそうは思わなかった。

人生戦い、自分を高め、気持ちの落ち着いた状態で人生の集大成をしよう、と改めて奮起できた。

出会えてよかったと思える本でした。
12人のお客様がこれが役に立ったと考えています
0コメント 違反を報告 常設リンク

商品の詳細

5つ星のうち4.5
10
¥1,080+ Amazonプライムなら、お急ぎ便が無料