FF Wars Amazonベビーレジストリ 本を聴くオーディブル psm Amazon MasterCard サマータイヤ TondeSaitama 梅雨対策特集 SpringSummerFashion 【新登場】Fire HD 8 Fire TV グルメギフト 定期おトク便初回分がクーポンでお得 ペプライムペット Echo Kindle Amazon MP3 アウトドア ナインティナインのバチェラー シーズン3大予想スペシャル!

カスタマーレビュー

2018年10月11日
ソフトウェア開発現場におけるマネジメントの内容や、マネジメントロールの人が進むキャリアパスについて網羅的に紹介した良書です。日本語訳も自然でスラスラ読めます。自分は外資系ソフトウェアベンダーのリーダーやマネジメントポジションにいたことがありますが、その時にこの本があればもっとうまくやれていたかも、と思わせられました(まえがきで及川さんも似たようなことを書かれていました)。

日本の組織におけるマネジメントと本書で記述されているマネジメントについては大きな差があり、本書で述べられているキャリアパスをそのまま最後まで歩めるケースは今のところ多くはないかもしれませんが、1〜5章くらいまでのキャリアパスはどのような組織でも共通して登場するはずなので、現場のエンジニアも先にこのあたりのことを知っておくと良いと思います。1章で「不安材料や不確定要員に事欠かないこの世の中で、なんとかやっていこうとする時に頼れるのは自分だけ。この点では上司には頼れません」とあるようにキャリアパスも誰かがお膳立てしてくれるわけではないので。
ちなみに技術がない状態でいきなりマネジメントをすることについては、本書では明確に否定しています。

これから組織構造や文化を変えていこうと考えている組織の中の人にとっても考えるヒントになると思います。
23人のお客様がこれが役に立ったと考えています
0コメント 違反を報告 常設リンク

商品の詳細

5つ星のうち4.4
9
¥2,808+ Amazonプライムなら、お急ぎ便が無料