FF Wars Amazonベビーレジストリ 本を聴くオーディブル psm Amazon MasterCard サマータイヤ TondeSaitama 梅雨対策特集 SpringSummerFashion 【新登場】Fire HD 8 タブレット キッズモデル Fire TV グルメギフト 定期おトク便初回分がクーポンでお得 ペプライムペット Echo Kindle Amazon MP3 アウトドア ナインティナインのバチェラー シーズン3大予想スペシャル!

カスタマーレビュー

2019年2月3日
私は2199の確かな科学考証に裏付けられたSFテイストや、各星々の歴史や文化・言語まで考え抜かれた緻密な設定により、あのヤマトが現代のSF作品として見事にリメイクされたことが大好きでした。2199は全作BDで購入しています。

それで2199の続編には大いに期待し、2202も第一章はBDで買いました。
しかし鑑賞した結果、少し違和感があり第二章・第三章はBD購入を見送りプライムビデオのレンタル版にしました。

第三章に至ってカラクルム級250万隻という世界観無視の荒唐無稽な物量や、作品全体を通した科学考証軽視の姿勢に心底がっかりし、お金を払って観るのはやめました。
ヤマトは好きなのでいちおう最後まで見届けますが私はTVの無料視聴で十分です。

TV版第18話まで見て改めて気づいたのは、2202は2199の続編ではなく、2199の設定やデザインをつまみ食いして復活編のノリで作った「さらば/2」の新規リメイクだということです。

2202は2199の続編ではない、と割り切って見ればそこそこ楽しめます。
18話で白色彗星のガスが取り除かれ本体が姿を現すシーンのドキドキ感など、「さらば/2」を初めて見たときの高揚感が再現されており、これは確かに「さらば/2」のリメイクです。
ご都合主義のシナリオ、科学考証の軽視、世界観の整合性無視などは昔からヤマトの続編では普通のことで、その意味では2202はまさにヤマトの続編にふさわしい作品です。
シリーズの中で、緻密な世界観にこだわった2199がむしろ異端であると言えます。

第1作は当時のアニメとしては大人の鑑賞に耐えるように科学知識や社会背景を取り込んで作られたと思います。現代にリメイクする作品として、2199は現代のレベルで大人の鑑賞に耐えるよう科学知識や社会知識を織り込んで作られており、その意味で第1作を忠実にリメイクした作品と思います。なので2199の続編を作るならば設定考証の緻密さを継承し、世界観の連続性を保たなければなりません。
2202はそれらを満たしていないので2199の続編ではあり得ません。
設定の一部を借用しデザインや声優、楽曲を継承しているので続編らしく見えますが、「星巡る方舟」からガトランティスの設定を変えたり一部無かったことにした時点で世界観が変わってしまいました。
もし、きちんと2199の世界観を継承した続編を作っていればシリーズ全体のリメイクが可能でした。
ガンダム宇宙世紀のように同一の世界観・歴史の中で様々な物語が紡がれ各国家勢力の駆け引きが描かれる壮大な物語を見たかったです。
2202がそのように作られなかったのが非常に残念です。
モンゴル帝国のような蛮族ガトランティスとローマ帝国のようなガミラスの攻防、丞相のサーベラーを見たかった…。
願わくば出渕前監督に再登板いただいて2199の続編を作り直してほしいです。
最近は何度もリブートして作り直すス○○ダーマンやキン○コ○グのような例もあることですし。

2202も昔ながらのヤマト続編をきれいな絵で見られると割り切ればそれなりに楽しめるので★2個とします。
7人のお客様がこれが役に立ったと考えています
0コメント 違反を報告 常設リンク

商品の詳細

5つ星のうち3.7
166
¥5,830+ Amazonプライムなら、お急ぎ便が無料