カスタマーレビュー

2011年1月23日
PS2、PSP、DSの順にプレイしましたが、DSの手ごたえは決して悪くありません。
良いところと悪いところを具体的に挙げると

▼良いところ
・戦闘エフェクトカット
・通信対戦
・従来と同等のやりこみ要素

▼悪いところ
・画質
・音質

他のゲーム機で慣れた人は操作に慣れるまでイライラするかもしれませんが、
慣れてしまえば二画面も悪くありません。

既に他のゲーム機で遊んだ方は「DSでもう一度」程度の期待感が良いでしょう。
DSのみ持っており、今から始める人ならば十分楽しめるでしょう。

なおPS2版でもPSP版でも同じことが言えますが、以下のような人は買うと後悔します。

・キャラが強くなること自体を楽しみ目標とすることができない方
・単純な戦闘を500〜1000時間以上繰り返すことに苦痛を感じる方
・戦略性の高い戦闘を楽しみたい方
・重厚なストーリーを求める方
・他ゲームにある一般的なやりこみ要素を求める方
・パーティメンバー全員で戦い、強くなりたい方

ディスガイアシリーズは、どれもストーリーなどオマケ程度のものでしかなく、
全てのやりこみ要素は「ただ強くなること」のみに行きつきます。

ストーリーを消化するだけならLV100もあれば十分ですが、それでもLV9999を目指し、
LV9999になっても転生してLV1からやり直す。そうして基礎ステータスを強化して、
さらにキャラクターを強くしていく。

LV9999は終着点などでは決してなく、「まだオープニング中です」といった状態。
ここから最強装備を集めるために四苦八苦します。

更に延々とキャラと装備を鍛え上げ、最強装備を手に入れて、やっとスタート地点に
立ったようなもの。それをひたすら強化するために延々とロードを繰り返し、良い
ステータスが付くことを目指し、何百時間も戦い続ける。

また、戦闘も後半になればなるほど、戦略や小細工などは悪魔にはふさわしくないと
言わんばかりに、正面から力でねじ伏せるというものが増えます。ストーリー上の
ラスボスの500倍近くのステータスを持つ最強ボスすら攻撃一発で倒せるようになり、
それでも更にステータスを上げるべく延々と戦闘に明け暮れる。

そうして膨大な時間を費やした先にステータス上限を極め、単発ダメージ数億という
ディスガイアらしい無意味な達成感が存在します。この自己満足に浸れる人にこそ、
ディスガイアは向きます。

様々なストーリーをクリアし、アイテムを集め、複線を回収することがやりこみだと
感じる人には、まったく物足りない作品になるでしょう。そんなものはディスガイア
には存在しません。

また、ディスガイアをやりこめばやりこむ程、パーティで戦う意味はなくなります。
愛着のある1キャラをひたすら強くし、他のキャラクターなどそのキャラのための
捨て石となります。

いろいろなキャラクターと一緒に冒険したい!という方にも、やはり向きません。
1キャラに偏った愛情を注ぎ続けられる人こそ向きます。

ただひたすら強く。そこに意味はありません。
また、そこへ行きつくための単調な戦闘も苦になりません。

それを楽しめる人向けの、最凶やりこみゲーだと言えます。
52人のお客様がこれが役に立ったと考えています
2コメント2件 違反を報告 常設リンク

商品の詳細

5つ星のうち3.3
37
¥5,780+ Amazonプライムなら、お急ぎ便が無料