カスタマーレビュー

2009年10月27日
まず、表紙に書かれてあるパワフルな字に魅了されて、購入。

自己啓発本なので、もうちょっとまとまっているハウツー本かと思いきや、著者の受講生などを例にあげながら、やり方(これがハウツーというのか)の前提に、あり方というものが大事だということが、くどくど書かれてあった。
あり方というのは、物事の捉え方とか解釈の仕方の基本となるものなのかな。ここでいうところは。
同じ出来事があっても、人によって解釈が違うから、結果、行動が変わり手に入る結果が変わると。その行動のところがハウツー(やり方)であるとしたなら、まずは、土台を固めていかなければならないということが書かれてあって、全部読んで、すごく腑に落ちたような気がする。
表紙は、武田双雲氏の書いた文字で、帯は北原照久氏。
はじめての本なのに鮮烈なデビューの仕方をしている著者に少し会ってみたくなった。
review image
7人のお客様がこれが役に立ったと考えています
0コメント 違反を報告 常設リンク

商品の詳細

5つ星のうち4.1
16