Android CTL2019 本を聴くオーディブル Amazon MasterCard nav_flyout_biss nav_flyout_videogame SpringSummerFashion 【新登場】Fire 7 キッズモデル Fire TV グルメギフト 実質無料サンプルストア 大型家具・家電おまかせサービス Echo Kindle Amazon MP3 アウトドア 言の葉の庭

カスタマーレビュー

2005年9月22日
成長を続けて成功した1900年代の米国大企業が、創業以来の業容の拡大期を経て、経営上の課題に直面した際に、どのような理由でどのような組織形態の変更を行ったのか、そして事業部制に行き着いたのか。GM、デュポン、シアーズ・ローバック、スタンダード石油等々の20世紀の大企業深い実証と洞察により、明らかにしている。
これらの企業が組織刷新に踏み切った必然性は、決して、その時代のその企業のみに限定されるものではなく、本書で示されているさまざまな経営者の悩み、問題意識、決断と組織形態は、現代の成長企業の経営者が直面する問題、課題とも重なる。そして、それらが活きたヒントとなるに違いない。
厚手の硬派な一冊であるが、経営実務的な示唆に溢れている。また、馴染み易く、読みやすい日本語訳である。
21人のお客様がこれが役に立ったと考えています
0コメント 違反を報告 常設リンク

商品の詳細

5つ星のうち4.2
10
¥5,400+ Amazonプライムなら、お急ぎ便が無料