カスタマーレビュー

2020年1月12日に日本でレビュー済み
 写真も適宜に使い、自分の足で調査し、著者が懸命に執筆していることは伝わってきます。しかし、どうにもまとめ方がまずい。だから書いてある情報と事実が、いわばつまみ食いをしているようで、迫真力に欠けると感じるのは自分だけでしょうか?細かい所にあまりにも拘り過ぎるかと思えば、妙に大雑把な感があるのです。
 色々な登場人物と時代の流れを記述してはいるのですが、結局は、バブルが弾けるまでは売春が島のどの商売にも富をもたらしていたが、今は衰退した。サミットの警備がそれに拍車をかけたということの繰り返しになってしまっています。何人かの人物とホテル、置き屋スナックなどを取り上げても、記述が単純などうどう巡りになっているのです。
 他の方も書いていましたが、ホテル名を書くにしろ「○○○○(某大型ホテル)」と繰り返す必要があるのか?ホテルA、ホテルBの方がよほど解り易く、読者に親切です。面白い題材なのに、刺激的な題名だけで売らんかなの意図を感じてしまい、惜しい作物になってしまっています。思い切ってもっと売春をしていた女性達へのインタビューを中心に企画してみればよかったのか?と思わされます。著者が真面目に書いている姿勢が感じられるだけに、編集者がもっとアドバイス出来なかったのかと残念です。
12人のお客様がこれが役に立ったと考えています
違反を報告 常設リンク

商品の詳細

5つ星のうち3.5
星5つ中の3.5
38 件のグローバル評価