カスタマーレビュー

2019年8月7日
一作目から三作目までセットなら、
もう1つ2つ、星は増えるでしょうが、
これ単品だと、正直、このくらいです。

後半、やっと少し、
盛り上がりかけたのですが、
まさかのDJ対決。
たしかに、
ジョナサンの活躍も欲しかったですけども。
あれは・・・う、ううーん。

ネタバレとかを遠慮するほどでもない、
むしろ、これを覚悟しておいてくださいと、
お知らせしておいたほうがよさそうな、
まあまあのヤバイ展開でした(笑)

かの世紀の駄作、
ゴーストバスターズ2を彷彿とさせます(笑)

音楽は暴力を助長することはあっても、
暴力を打ち消すことはないですよ。

音楽のちからで、
テンションが多少あがることはあっても、
怒りがおさまるようなことはないです。

なんて、
子供向けと知りつつも、
野暮な指摘をしたくなるくらい、
おい、マジかと、驚きました。
悪い意味で(笑)

一作目は、登場人物紹介。
二作目が、本編で、最高に面白く、
三作目は、蛇足かなぁ。

でも、三部作のほうが気持ちいいし、
シリーズなら、
三作目までは続けてほしいってのも、
わがままなファン心理でして。

二作目で監督さんは、コメンタリーで、
面白いかどうかを、試写で反応を見ながら、
少しずつ判断し、
工夫、調整したと言っていました。

三作とも全部、同じ監督さんなんですよね。

三作目でも、
同じようにやってるみたいなんですが。
笑いに対する反応だけに注目した結果、
おかしな場面や、おかしな動きに、
労力を傾けてしまったようですね。

本シリーズの見所というか、最大の魅力は、
親子愛、夫婦愛、友情。

それを妨害するものどもとの、
一致団結してのバトル。
その時にこそ、
モンスターらしさが爆発するところに、
爽快感が待っていると思うのですが。

その一番大切なところを、
さらっと流してしまっている気が、
少ししました。

成長と変化を描きたかったのかな?

なら、でも、
やっぱり蛇足になっちゃいますね。

変なのを描こうとしすぎて、
今作のヒロイン、
ヘルシングの娘のデザインが、
なんとも魅力にかける・・・。

なんであんな、
整形みたいな顔のデザインに・・・。

そこを素直に描くだけでも、
だいぶ印象が違った気がするのですが。

受け狙いのわりには、変なとこで、
ひねくれてるんですよねー。

だから、
みどころがなくなっちゃう。

うーむ。
嫌いではないです。が、

二作目を100点だとすれば、
一作目は50点。
三作目は30点といったところでしょうか。

シリーズとしては、最高ですね。
二作目があるので。

その続きとしてなら、
オススメします。

特典がもう少し面白ければ、
また印象も変わったのでしょうが。

一作目に入ってたのと、
まったく同じアニメが入ってたので、
わお、と、呆れてしまい、
加点にはつながりませんでした。
2人のお客様がこれが役に立ったと考えています
0コメント 違反を報告 常設リンク

商品の詳細

5つ星のうち4.4
35 customer ratings
¥199