FF Wars Amazonベビーレジストリ 本を聴くオーディブル psm Amazon MasterCard サマータイヤ TondeSaitama 梅雨対策特集 SpringSummerFashion 【新登場】Fire HD 8 タブレット キッズモデル Fire TV グルメギフト 定期おトク便初回分がクーポンでお得 ペプライムペット Echo Kindle Amazon MP3 アウトドア ナインティナインのバチェラー シーズン3大予想スペシャル!

カスタマーレビュー

2017年2月4日
私個人の意見としてですが、正直間違っていることも多いと思います。
まず、大学のレベルによっては下手に進学すると就職に不利になるという点には同意ですが、その大学のレベルを偏差値60以下(地方国公立大学等)の非ジョブ型学部(文学部、経済学部、社会学部等)と定義している点については疑問が残ります。
確かに就職においてジョブ型学部(医学部、薬学部等)よりはハイリスクな選択になりますが、地方国公立大学の非ジョブ型学部に行くより専門学校に行く方がいいというのはどうかと。地方国公立大学はその地元ではトップ大学であり、その地域の方々からの評価も高く、地方就職に関しては贅沢を言わない限りは困りません。そして、偏差値50以下の非ジョブ型大学(特にBF大学)を投資に見合っていないとして進学しない方がいいとしていますが、こちらこそ専門学校等に進学させた方がいいのではと思います。今や大学全入時代となり、実際にそのレベルの大学生は学力的にも厳しいものがありますし、むしろ大学名で低評価にされる可能性があるからです。
また、就職の面から地方の2番手・3番手の普通科高校に行くより、その高校より偏差値の低いジョブ型高校に行ったほうがいいというのもどうかと。地方2番手・3番手高校ならば上位2〜5割程度ならば地方国公立大学に進めますし、よほどひどくはならない限りその地域で一目置かれる有名な私立大学くらいは進学できます。これらの大学ならばその地域で就職する分には困りません。
22人のお客様がこれが役に立ったと考えています
0コメント 違反を報告 常設リンク

商品の詳細

5つ星のうち4.0
17
¥1,512+ Amazonプライムなら、お急ぎ便が無料