カスタマーレビュー

2018年8月6日
昭和時代の受験生にはおなじみの『試験
にでる英単語』(でる単。青春出版社)
風に昭和歌謡で使われた単語を解説する
本。登場する単語は1108語と膨大。単
語の掲載はアイウエオ順。また、昭和の
人気漫画家、故上村一夫氏の作品もとこ
ろどころに掲載された昭和テイスト満載
の内容です。この他、「【法律】で見る
昭和歌謡」などの昭和歌謡コラムも適宜
入っています。

「アラン・ドロン」「シカト」「チャイ
ナタウン」「伝言板」「胸キュン」……。
昭和の歌詞で多用されたものや今や死語
になったものなどがズラリと並びます。
私が子供の頃は「時には娼婦のように」
(黒沢年雄)みたいなエッチな曲を平気
でゴールデンタイムに歌っていました。
今ならパワハラ、セクハラと言われたり、
BPOに叱られそうなフレーズは多かった
です。そういう単語がいろいろ出ている
のは懐かしい。

テーマとしてはとても面白く、力作だと
思うのですが、単語を説明する文章があ
まり笑えずマジメです。リアルタイムに
楽曲に親しんだ世代からすると知ってい
るものがほとんどなので、意外性がない
説明文です。紹介する単語のスペースは
均等ではなく、もう少しボリュームに差
をつけて、面白い単語は詳しく分析して
くれたほうが楽しく読めた気がします。

また、掲載単語数は1000語を超え、ノ
ンジャンルでアイウエオ順に読み続け
るのは疲れます。本当に試験に出るわ
けじゃないので「新宿」や「六本木」、
「横浜」など地名別や「テレフォンボ
ックス」「電話帳」など通信関連括り
などテーマ別に章立てしたほうが良か
ったような気がします。
9人のお客様がこれが役に立ったと考えています
0コメント 違反を報告 常設リンク

商品の詳細

5つ星のうち3.6
2 customer ratings
5 star
52%
4 star 0% (0%) 0%
3 star 0% (0%) 0%
2 star
48%
1 star 0% (0%) 0%
¥1,650+ Amazonプライムなら、お急ぎ便が無料