FF Wars Amazonベビーレジストリ 本を聴くオーディブル 梅雨対策特集 Amazon MasterCard サマータイヤ TondeSaitama 梅雨対策特集 SpringSummerFashion 【新登場】Fire HD 8 Fire TV グルメギフト 定期おトク便初回分がクーポンでお得 ペプライムペット Echo Kindle Amazon MP3 アウトドア ナインティナインのバチェラー シーズン3大予想スペシャル!

カスタマーレビュー

2017年8月27日
昨年、ラグビーの五郎丸選手が朝日新聞で絶賛していた『自分の小さな「箱」から脱出する方法』を読んでから1年。
ビジネス篇も出たとのことで、早速読んでみました。
今回は、実話がベースとのことで、出てくる逸話が全部面白い!

容疑者宅で哺乳瓶を探すSWATの隊員(捜査中に赤ん坊が泣いて女性が不安になるため→おかげで捜査がスムーズに進んで無事に逮捕)や、債務者に仕事の模擬面接までしてあげちゃう債権回収業者(業界ナンバー1になったそうだ。取立てなんて、怒鳴る・脅すイメージしかなかったのに、ぜんぜんアプローチが違って面白い!)、週に2回のミーティングで大赤字だったフォードを立て直した話(のちのGoogle幹部となったアラン・ムラーリの話)などなど、全部バラバラの話に見えて、実は通低する思想はひとつ。

著者がアメリカでは著名なコンサルティング会社というだけあって、事例が豊富で、哲学的な考え方をうまくストーリーに落とし込んで解説する手腕は今回もお見事。
会社の研修などで使えるのはもちろん、まだ管理職でない自分が読んでもかなり勉強になった。
自分の考え方次第で、行動が変わり、行動が変われば相手が変わる。それが、大きな結果につながる。
これまで読んできたどんな自己啓発本も、ビジネス法則も、土台となるこの考え方を身に着けていないから効果がなかったのだと今ならわかる。
上司にも、同僚にも、顧客にも、これからは違うアプローチができそうだ。
20人のお客様がこれが役に立ったと考えています
0コメント 違反を報告 常設リンク

商品の詳細

5つ星のうち4.1
12
¥1,728+ Amazonプライムなら、お急ぎ便が無料