カスタマーレビュー

2010年9月20日
日本で書店の「中国語」コーナーに行っても、置いてあるのはどれも簡体字を用いた大陸式の中国語。
そんな中で本書の「台湾ではじめよう」のタイトルはかなり引きになる。

発音記号は結局大陸式のピンインを採用しているのだが、
先にも書いた通り、日本での中国語学習環境が著しく大陸寄りなので、それはある意味合理的。

発音についても、軽声や巻き舌、声調の変化など細かく解説してくれているのだが。。。
実際の発音を聞けないのはやっぱり痛い。どんなに言葉で説明されてもわからないものはわからない。
CDがついてさえいれば。。。(もしくはウェブ上で聞けるなどあれば。。。)
「カタカナで覚えても中国語は通じない」という、ある意味タブー的な事実を表紙に明記しているのだから、
発音については徹底的にサポートしてほしかったというのが正直なところ。

ところで、中国語にひととおり触れた人が手にしたらこの本はかなり面白いのではないか。
大陸と台湾の漢字の違いや発音の違い、単語表現の違いにも踏み込み、
注音表記もあるので言語好きの欲求も満たしてくれそう。

そして、漫画なのでとにかく読み進めやすい!
内容も台湾の文化や街の紹介がふんだんに含まれていて面白い!
ニーズに合う人なら非常に楽しめる1冊とも言える。
27人のお客様がこれが役に立ったと考えています
0コメント 違反を報告 常設リンク

商品の詳細

5つ星のうち3.4
9 customer ratings