カスタマーレビュー

2018年12月20日
著者の成功小説3部作のうちの、2作目にあたる本作。
1作目はどん底にいた主人公が偶然ある成功者との出会い、
人生を変えていく序章の物語。
誤解を恐れずに言えば、大きな障害のないサクセスストーリーとも言える内容だった。

しかし今作で主人公が直面する問題は、前作をはるかに上回るものだった。
ようやく手にした「成功」が、一瞬で崩れ去っていく”まさか”の展開は
読んでいてハラハラドキドキする。
「成功」なんていうものは、一瞬で崩れ去ってしまう砂上の楼閣なのだと、痛感させられる。

しかし主人公はメンターや仲間たちの教えを守ることで、
前作以上のスケールと深みで成長を重ねていく。
特に「成功と心の問題」が蜜に関連しているというテーマが浮き彫りになる中盤での
カウンセラーとのやり取りは、涙無しには読めないだろう。

「成功」を追い求めた果てに、主人公が何を見たのか。
その壮絶な人生とストーリーは、決して私達と無関係ではない。
むしろ主人公の物語は、私達の物語でもあるのだ。

ビジネスの勉強にもなる。
起業を志す人にはぜひ最初に読んでもらいたい
そんなふうに思う本だった。
下手な講座やコンサルを受けるよりも何倍もマシ。
1人のお客様がこれが役に立ったと考えています
0コメント 違反を報告 常設リンク

商品の詳細

5つ星のうち4.3
29
¥1,620+ Amazonプライムなら、お急ぎ便が無料