カスタマーレビュー

2018年12月28日に日本でレビュー済み
木城氏の作風の1つである、カルマを描いたエピソードとして、ビルマ編とともに極まっていると感じます。
今回のムスター編は、銃夢以前の暗黒作品よりもさらに強烈な描写で、これまで以上に人間の内面をえぐっていきます。
バトルシーンは少ないですが、やはり銃夢はサイドストーリーも一級品です。
LOでは、集英社的なバトル物がメインでしたが、やはり他社の青年誌に移籍した影響でリミッターが解除されたのでしょうか。
本シリーズはこれまでにない大人向けの内容だと改めて感じさせてくれます。
ケータイ漫画の影響か、安いシナリオの漫画が金太郎飴的に量産される中、骨太な人物描写と圧倒的な画力を合わせ持つ氏のような作家は、きわめて希少です。
銃夢はすでに世界的な評価を得ている作品。あまり掲載誌にとらわれず、この流れでやりたい放題やっていただきたいですね。
28人のお客様がこれが役に立ったと考えています
0コメント 違反を報告 常設リンク

商品の詳細

5つ星のうち4.4
星5つ中の4.4
71 件のグローバル評価