Androidアプリストア Amazonファミリー 本を聴くオーディブル Amazon Cloud Drive SOS0916 Amazon MasterCard nav_flyout_biss DVD Blu-ray Dogs-AD 2017 ファッション Fire HD 10 Fire TV stick おせち特集2018 コンタクトレンズストア DIY・ガーデニング 秋のガーデニング用品セール Kindle Amazon MP3 自転車・自転車用品 STAND BY ME ドラえもん
Qさんのプロフィール > レビュー

プロフィール

Qさんのコンテンツ
ベストレビュワーランキング: 1,111,410
参考になった: 202

ガイドライン:Amazon.co.jp コミュニティのガイドラインについてはこちらを参照してください。


Qさんが書き込んだレビュー

表示する順番:  
ページ: 1 | 2 | 3
pixel
商社マンはガイジンと付き合ってキャリアを棒に振るような真似はしない ニューヨーク三部作
商社マンはガイジンと付き合ってキャリアを棒に振るような真似はしない ニューヨーク三部作
価格: ¥ 237

1 人中、0人の方が、「このレビューが参考になった」と投票しています。
5つ星のうち 4.0 NYに行きたくなった, 2013/8/13
Amazonで購入(詳細)
作品のタイトルや説明からはよい意味で少し裏切られ、楽しく読みました。こんな話があってもよいかな。頭の中に映像が浮ぶ作品でした。


還るべき場所 (文春文庫)
還るべき場所 (文春文庫)
笹本 稜平著
エディション: 文庫
価格: ¥ 886

6 人中、2人の方が、「このレビューが参考になった」と投票しています。
5つ星のうち 5.0 元気をもらいました, 2012/11/23
レビュー対象商品: 還るべき場所 (文春文庫) (文庫)
K2の隣の峰、ブロードピークでの描写が秀逸です。3000m級峰でたて続けにトラブルが起きます。そこで、それぞれの登場人物が葛藤の中でそれぞれの決断をします。あたかもそこに自分がいるようなリアリティーを感じました。トラブルメーカーのアルゼンチンパーティーについても基本的に性善説をとっているのがいいです。ところどころ出てくる準主役?の実業家の言葉にも心が揺さぶられました。山岳小説(でいいですよね)でありながら、品の良い精神論の書のようでもあり、自分ならこれからどうしようかなんてことを考えてしまいました。中年以後定年前のおじさんが読むと元気が出るかもしれません。

新田次郎の作品群、夢枕獏(神々の山峰)に次いで心に残った山岳小説です。久々に著者の作品を一通り読んでみようかと思いました。おすすめです。


楽園のカンヴァス
楽園のカンヴァス
原田 マハ著
エディション: ハードカバー

5 人中、3人の方が、「このレビューが参考になった」と投票しています。
5つ星のうち 4.0 ルソーを愛する人たちのお話, 2012/7/8
推理小説的な展開があり面白いです。でも本質はルソーを愛する人達のお話です。本の表紙にあるルソーの「夢」を何度も見直しながら読み進めました。謎の古書ではピカソ、女神のモデルになった主婦ヤドヴィガ、その夫といった数少ないルソーの真の理解者の愛情を感じます。真贋鑑定に関わる登場人物たちのルソーの作品を残さなければならないという強いパッションが伝わってきます。ルソーが招待されたピカソたちの溜まり場「洗濯船」の宴会にタイムスリップしたくなりました。MOMAやバーゼルやパリやバルセロナにも行きたくなりました。ピカソの青の時代も見たくなりました。もし関連する絵を見る機会ができたら、往路でこの本もう一度読もうと思いました。劇画風でちょっと軽いので(そこが一気に読める利点でもあるのですが)、星4つとしました。でも、おすすめです。


EVERNOTE Perfect GuideBook
EVERNOTE Perfect GuideBook
田口 和裕著
エディション: 単行本

16 人中、14人の方が、「このレビューが参考になった」と投票しています。
5つ星のうち 4.0 2012年1月時点で一番まとまっているガイドブックでしょうか, 2012/2/5
レビュー対象商品: EVERNOTE Perfect GuideBook (単行本)
近所の大型(3階)本屋さんでガイドブックを探しました。EVERNOTE関連の書籍は10種類ほど、本棚の幅30cmほどを占めるほどしかありませんでした。いくつかチェックした中ではEVERNOTEの全体像を把握するには現時点で一番わかりやすいガイドブックだと思い購入しました。一番知りたかった公開に関する部分も、2ページほどありました(他のガイドブックよりはこれでも充実してます)。公開に関する部分はネットでも調べたのですが、書籍以上の情報を得ることはできませんでした(自分のレベルの問題だと思いますが)。EVERNOTEにはまだ満足できない部分があります。たぶんこれから進化するでしょう。あくまでも現時点でベストということです。でもEVERNOTEとは何かという概念を知るにはよい本だと思います。


銀漢の賦 (文春文庫)
銀漢の賦 (文春文庫)
葉室 麟著
エディション: 文庫
価格: ¥ 605

5 人中、2人の方が、「このレビューが参考になった」と投票しています。
5つ星のうち 5.0 すきのない時代小説, 2011/11/20
レビュー対象商品: 銀漢の賦 (文春文庫) (文庫)
第14回松本清張賞受賞ということで読んでみました。責任ある立場になれば、時に情や義理に背を向けて生きていかねばならないこともあるでしょう。全体がよくなるための仕方のない「理不尽さ」とそれを最終的に理解してくれた友とのお話です。銀漢(天の川)にまつわる描写がいいです。藤澤周平が好きな方ははまるでしょう。おすすめです。


HAYES, MARTIN & D. C
HAYES, MARTIN & D. C

5つ星のうち 5.0 何度も聞きたくなります, 2011/11/20
Amazonで購入(詳細)
レビュー対象商品: HAYES, MARTIN & D. C (CD)
心に染み込んできます。週末にゆったり本を読むときや、ボーとしたいときに最初に選ぶCDになりました。お勧めです。


永遠の0 (講談社文庫)
永遠の0 (講談社文庫)
百田 尚樹著
エディション: 文庫
価格: ¥ 946

14 人中、7人の方が、「このレビューが参考になった」と投票しています。
5つ星のうち 4.0 開聞岳―爆音とアリランの歌が消えてゆく, 2011/9/4
レビュー対象商品: 永遠の0 (講談社文庫) (文庫)
文体や内容については批判もあるでしょうが、次の世代に伝えていくためにはある程度しかたのないことかもしれません。若いときの成績が一生ひっくり返らないシステムと一般受けしない記事は流さない新聞(報道)があの戦争を維持したという可能性が心に沈殿しました。現代の日本はどうなんでしょうか?少しは進歩しているのでしょうか?

特攻に出撃して行った兵士の気持ちは安泰の世界に生きる私には想像できません。でも、過度に美化された、あるいは9.11になぞらえ、北朝鮮を引き合いに出して狂信的なテロリストとの評価には共感できません。日本統治下の朝鮮人でありながら特攻で亡くなれた方の”なぜ”を追うフィクションがあります。飯尾憲士氏の開聞岳―爆音とアリランの歌が消えてゆく、です。絶版ですが、中古で手に入ります。


利休にたずねよ (PHP文芸文庫)
利休にたずねよ (PHP文芸文庫)
山本 兼一著
エディション: 文庫
価格: ¥ 905

45 人中、3人の方が、「このレビューが参考になった」と投票しています。
5つ星のうち 5.0 大徳寺に行った直後にたまたまこの本を読みました, 2010/11/13
大徳寺に行く前、あるいは(特に行ったことのない方には)行った後に読むとまた別の楽しみがあるかもしれません。

秋の特別拝観中の黄梅院(利休62歳のときの庭や利休の師匠好みの茶室)
大仙院(秀吉に命じられて利休が花を飾った平らな石を含む枯山水。それを眺めた茶室)
高桐院(細川ガラシャの夫で利休の弟子でもあった三斎が建てた塔頭。JRのポスターになった有名なアプローチのあるところ。利休が秀吉の命令に従わずに差し出さず、角を欠いた石灯籠、移築した秀吉の茶会で使用した茶室、利休居宅など。)
帰りに門前で大徳寺納豆を一粒試食。
時間と予算に余裕があれば京懐石で炊きたてご飯や〆の抹茶をいただいてから読んでみてください。

さまざまな場面で庭や茶室の情景が浮かび、口の中には大徳寺納豆、炊きたてごはん、抹茶のかおりが漂います。もちろん大徳寺に行かなくてもおすすめです。


神去なあなあ日常
神去なあなあ日常
三浦 しをん著
エディション: 単行本
価格: ¥ 1,620

4 人中、3人の方が、「このレビューが参考になった」と投票しています。
5つ星のうち 4.0 映像が思い浮かぶ, 2010/7/3
レビュー対象商品: 神去なあなあ日常 (単行本)
各場面で高畑勲や宮崎駿のこれまでの作品の中に出てきたアニメシーンから想像される映像が浮かびます。激しく展開するストーリーとその境を埋めるまったりとした間は、まさにシナリオです。でも文章は浮ついていないし、村で暮らすネガティブな、あるいは残酷な感情なども含め、丁寧な心理描写も底流にあります。それらがアニメならどのように表現されるのだろうと想像しながら読めました。笑いながらいっきに読んでしまいました。これからの展開が気になります。ちょっとあこがれ、そしてうらやましいとうのが読後感です。おすすめです。


20歳のときに知っておきたかったこと スタンフォード大学集中講義
20歳のときに知っておきたかったこと スタンフォード大学集中講義
ティナ・シーリグ著
エディション: ハードカバー
価格: ¥ 1,512

16 人中、11人の方が、「このレビューが参考になった」と投票しています。
5つ星のうち 4.0 20歳の頃の自分にこの本を読む準備はあったかな, 2010/5/4
「5ドルを元手に2時間以内にできるだけ増やせ」というキャッチフレーズと「スタンフォード集中講義」という題に誘われて読んでみました。キャッチフレーズの答えは?という感じでしたが(導入部分としてはOKです)、社会の中に自分の居場所を作るための講義(実習)内容はとても興味あるものでした。

成功者の逸話が続いて食傷気味になるところもありましたが、1章毎に1-2文、輝く(ぐっと来る)フレーズが出てきます。エッセンスだけ取り出せば、特に目新しいものはないのですが、自己啓発本としてはとてもよくまとまっていると思います。日本でも会社の創業者や大勢を束ねる大工の棟梁のような技を極めた指導者達の人生訓として、どこかで聞いたことのあるものもいくつかあるような気がしますが。

例として取り上げた実習や実験の内容については巻末にWEBサイトが掲載されていて、実際に詳しい内容をみることができます。本としては値段の割りにちょっと薄いような気もしますが、巻末のWEBサイトと三ツ松さんの解説(農耕民族である日本人のすべてが新奇探索型が多い欧米人と同じ土俵で戦ってはいけないなど)とがよかったのでOKです。

20歳の頃の自分にこの本を渡したらどうだったでしょう。エッセンスを理解できるだけの準備があったか(興味を持ったか)自信がありません。でも、いくつか知っていたらよかったかなあ、という点はありました。おじさんにも20歳の若者にもお勧めかもしれません。


ページ: 1 | 2 | 3