Androidアプリストア Amazonファミリー 本を聴くオーディブル Amazon Cloud Drive SOS0916 Amazon MasterCard nav_flyout_biss DVD Blu-ray Dogs-AD 2017 ファッション Fire HD 10 Fire TV stick おせち特集2018 コンタクトレンズストア DIY・ガーデニング 秋のガーデニング用品セール Kindle Amazon MP3 自転車・自転車用品 STAND BY ME ドラえもん
kkgさんのプロフィール > レビュー

プロフィール

kkgさんのコンテンツ
ベストレビュワーランキング: 308,397
参考になった: 1386

ガイドライン:Amazon.co.jp コミュニティのガイドラインについてはこちらを参照してください。


kkg "KKG"さんが書き込んだレビュー (滋賀県)

表示する順番:  
ページ: 1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 6 | 7 | 8 | 9
pixel
漢字再入門 - 楽しく学ぶために (中公新書)
漢字再入門 - 楽しく学ぶために (中公新書)
阿辻 哲次著
エディション: 新書
価格: ¥ 842

11 人中、7人の方が、「このレビューが参考になった」と投票しています。
5つ星のうち 5.0 漢字がいきいきとしてくる, 2013/5/12
Amazonで購入(詳細)
漢字は中国だけでなく、朝鮮半島、日本、ベトナムなどまで程度の差はあれ長く使われている。忘れてならないのは、どこであっても漢字は「言葉」を表記することが基本であることだ。これからはずれたところに「とめ、はね、はらい」や「筆順」に拘泥する教師だけでなく、高名な文字学者までがいる。
漢字は漢字文化圏の人々の言語活動を支えてきたという基本的な理解が本書を貫く考え方であり、それを分かりやすい形で提示している。本書を読めば漢字がいきいきとしてくる。


PROMATE タッカー&ホチキス プーラ 針400本付
PROMATE タッカー&ホチキス プーラ 針400本付
価格: ¥ 980

4 人中、3人の方が、「このレビューが参考になった」と投票しています。
5つ星のうち 5.0 手軽で便利、引き抜きも簡単, 2012/10/28
Amazonで購入(詳細)
椅子の張り替え用に購入。少し非力な感じはあるが手頃な値段で簡単に使えて良かった。初心者が使うのには十分な機能を持っている。特筆すべきは付属でついている引き抜き用の器具(名前は知らない)が使いやすいこと。椅子の張り替えをするときに、元のカバーを止めている針がかなりたくさんあり、それを外すのに手間がかかる。千枚通しやマイナスドライバーでもできるが、この器具とニッパーを使えば安全かつ簡単にできる。


Japanist 2003
Japanist 2003
価格: ¥ 3,627

9 人中、8人の方が、「このレビューが参考になった」と投票しています。
5つ星のうち 5.0 地味だがよく考えられている。予測変換は使いやすい, 2012/4/4
Amazonで購入(詳細)
レビュー対象商品: Japanist 2003 (CD-ROM)
商品名の通り、もう10年選手になろうとしている。ATOKのように毎年新版を出すこともなく、ひっそりと売られている。だが、その実力はなかなかなものがある。
まず、親指シフトユーザーにとっては専用キーボードとJapanist2003の組み合わせがもっとも分かりやすく、使いやすい。指を大きく動かすことなく、静かに素早くタイプできるようにハードだけでなくソフトも考えられている。ウィンドウズのアップデートにも黙々と対応を積み重ねてきていて、最近では待ち望まれていた64ビット対応もできた。これで当分の間、親指シフトは安泰だ。
親指シフトユーザーでなくても、このソフトは使える。特筆したいのは予測変換の使いよさだ。他のソフトでもこの機能は使えるようになってきているが、使い勝手はJapanist2003の方が優れていると思う。
辞書も少々マニアックなものまでWebオプションとして用意されている。また、よく使う文書を一括で辞書として登録する機能もあり、個人的なカスタマイズもしやすいものとなっている。
全体としてみると派手ではないが、日本語入力をよく考えて作られている。使い込めば使い込むほど手になじんでくる道具の味わいがある。


Huawei IDEOS U8150  Pocket WIFI 日本語化,  (日本語マニュアル付け)DERE
Huawei IDEOS U8150  Pocket WIFI 日本語化, (日本語マニュアル付け)DERE

2 人中、2人の方が、「このレビューが参考になった」と投票しています。
5つ星のうち 4.0 少し非力だが小さくて軽くて実用的, 2011/12/13
Amazonで購入(詳細)
海外で携帯電話を使う場合、通話が主かネット接続もよく使うかで選ぶ機種も変わってくる。本機はネット接続を中心に使いたい人向けである。

他のアンドロイド携帯を使ったことがないので、平均と比べてどの程度の実力だかは分からないが、wifi接続でちょっと使った限りでは少し非力な印象を受けた。アプリケーションの起動などで少し待つような場面が結構ある気がする。

そうした点を踏まえた上で、海外出張であまりものを持っていきたくないが、ネット接続も含めて現地で携帯電話を使う必要がある場合には、小さくて軽く、大きな癖がないことが利点になる。価格も安いのであまり神経を使わずにすむのも良い。この意味で海外出張にはもってこいの機種といえる。


Acase Slim PU レザーケース for Acer ICONIA Tab A500 10.1型 ブラック (スタンド機能・角度調整機能付)
Acase Slim PU レザーケース for Acer ICONIA Tab A500 10.1型 ブラック (スタンド機能・角度調整機能付)

5つ星のうち 4.0 よくできていて見栄えも良いが重い, 2011/11/23
Amazonで購入(詳細)
Acer ICONIA Tab A500専用に作られているから当然ジャストフィット。きっちりと収まり不安なところはないし、スタンドにするのもワンタッチで簡単にできる。スイッチ類へのアクセスやカメラ、スピーカー等の位置についてもきちんと考えられている。本革なので感触は高級感があるし、丈夫なようだ。これに入れておけばカバンの中などにも安心して入れておける。

問題は少し重たいことで、そもそもこのタブレットはこのクラスでは重たい方なので、合わせると1キロを超えてしまう。スタンドにして使うには良いが、持っていると少し疲れてくる。持ち運びも少し億劫になる。

値段なりの価値は十分にあるが、重さが気になる人は検討が必要だろう。


コクヨ PCプレゼンポインター エアビーム パワーポイント操作付 ELA-P1
コクヨ PCプレゼンポインター エアビーム パワーポイント操作付 ELA-P1
価格: ¥ 7,272

29 人中、25人の方が、「このレビューが参考になった」と投票しています。
5つ星のうち 5.0 少し慣れは必要だがシンプルで効果的、よくできている, 2011/11/18
Amazonで購入(詳細)
パワーポイントを使ったプレゼンはもう普通の技術であろう。スライドの操作はパソコン上でもできるが、聴衆とのアイコンタクトが失われる可能性がある。また、スライドの一部を強調するのにレーザーポインターを使うことも効果的だが、この場合、どうしても講演者は観客に背を向けスクリーンを見る必要がある。

本機はこのような問題を解決するために役立つ。パソコンの画面上のカーソルの形を変え、またコントローラーの動きでカーソルを動かす仕組みになっているため、パソコンの画面とスクリーンの両者に同じものが現れるので、講演者はスクリーンの方を向かずにパソコンの画面を見ながら(これは聴衆と同じ方向にある)操作できる。スライドの前進、後退はボタンで操作する。

カーソルの位置を動かすには少し慣れが必要だが、操作がシンプルなので特に問題ではないだろう。カーソルの形、色、サイズ、指示線は設定で変えることができるのでスライドの色や内容に合わせて選べるのは良い。

シンプルで効果的、よくできていて使うのが楽しくなる。


BUFFALO ネットワーク対応HDD LinkStation 2.0TB LS-CH2.0TL
BUFFALO ネットワーク対応HDD LinkStation 2.0TB LS-CH2.0TL

5つ星のうち 3.0 Webアクセスができないときはファームウェアのチェックを, 2011/7/11
Amazonで購入(詳細)
Webを利用してグループ内でのファイル共有に利用しようと思い購入した。最初のセットアップやネットワーク内のパソコンからのアクセスは問題なくできたが、Webアクセスを設定しようとするとエラーが出たり、設定できたと思ってもインターネット経由ではアクセスできなかったりして困った。設定の説明もバッファローのサイトにあるが、とても分かりにくい。少しアプローチは違うがPogoplugの方がずっと簡単に設定できる。

結局問題はファームウェアが最新のものでなかったためだということが分かったが、そこにたどり着くまでにずいぶん時間をとられてしまった。ファームウェアをアップデートしたら設定も驚くほどスムーズで、問題なく使えている。ただ、回線の具合もあるかもしれないがウェブ経由のアクセスは少しレスポンスが遅い感じもする。

それほどヘビーな用途でなければ、気楽に使えて面白いと思うが、それだけに最初の設定にこんなに手間取ってしまって少し気持ちもさめてしまう。ユーザーに対する周知の方法なども含めてもう少し使いやすくしないとせっかくの新しい分野の製品への興味が薄れてしまうのではないかと危惧する。


表示できるタイトルはありません

52 人中、47人の方が、「このレビューが参考になった」と投票しています。
5つ星のうち 4.0 ほぼ全世界で使える基本的な機能の携帯電話, 2011/6/22
一週間ほどのタイ出張、現地でいろいろ電話連絡が必要になるのでどうしようかと選択肢を検討した。日本で使っている携帯はローミング対応でないから論外(たとえ対応していても通信コストはきわめて高い)、レンタルも結構高いしということで、今後も使うかもしれないので出発前に本機を購入し、現地でSIMを調達することとした。空港に24時間営業の回線業者のショップがあることを確認していたので、早朝に現地に着いたがすぐに利用可能となった。
電話機の機能としてはごく基本的でスマートフォンのような多機能ではないが、通話やsmsは全く問題ない。日本語が使えないのは残念だが海外ではそれほど日本語を使う需要はないだろう。インターネットも利用可能だが、ショップでinternet simが売っていなかったので試してはいない。
回線は4バンド+WCDMAなのでsimがあれば日本・韓国も含めてほぼ全世界で使える。タイで使って通話料が残っていたので、帰国してから電源を入れたらソフトバンクの電波をとらえていた。通話のクレジットがある限りローミングも可能となるようだ。
いろんなところに出張して現地で電話連絡のニーズがある人にとっては、これだけ持って現地のsimを入れたら一番安上がりになる。派手さはなく質実剛健、仕事の道具として申し分ない。


大学生からの文章表現 無難で退屈な日本語から卒業する (ちくま新書)
大学生からの文章表現 無難で退屈な日本語から卒業する (ちくま新書)
黒田 龍之助著
エディション: 新書
価格: ¥ 778

22 人中、15人の方が、「このレビューが参考になった」と投票しています。
5つ星のうち 5.0 いつもながらの筆力, 2011/2/17
フリーランスの語学教師の著者が私立大学理工学部に勤務していたときに行った授業をもとに再構成した、文章の書き方について書かれた本。
手練の著者による文章論であるから一筋縄でいかないのは当然だ。しかし、その底流には常に「人の心を動かす文章とは何か」という真摯な問いかけがある。このため、ときには笑いながらも一気に読むことができ、読者自身が自分に同じ問いを発し、解答を発見しようと促されることになる。学びの本質をついている。
実際に授業で学生が書いた文章も使われていて、具体的にどのようにすると良い文章になるかも述べられていている。しかし、それはノウハウというよりは上述のような読者自身が考えることのヒントとして働いている。
いつもながら著者の筆力には脱帽だが、黒田センセイの「しごき」に耐えた学生にも拍手をしたい。印税の半分は学生にもあげたい。


英語と日本語のあいだ (講談社現代新書)
英語と日本語のあいだ (講談社現代新書)
菅原 克也著
エディション: 新書
価格: ¥ 864

10 人中、7人の方が、「このレビューが参考になった」と投票しています。
5つ星のうち 5.0 まことにもっとも, 2011/2/3
本書の帯には「文法・訳読はほんとうに時代後れか。『英語の授業は英語で』で、何が起きるか コミュニケーション英語への疑問」とある。英語教育が大きく変わろうとしている現在、その方向が果たして理に適ったものかについて検証している。著者は東京大学大学院総合文化研究科教授。
本書の第1章は「日本語の環境で英語を学ぶこと」となっている。これが本書の底を流れる考え方であると言って良い。日本人がなぜ英語を学ばなければならないか、日本人が英語を使うことを必要とされているのはどのような環境なのかについて、著者の教育の場での経験を踏まえた分かりやすく納得のいく議論がされている。その後の各章は、具体的なテーマにブレークダウンした議論がされているが、これも分かりやすい。
基本的に著者はいわゆる「コミュニケーション英語」(言語はコミュニケーションのためにあるのだから、ことさらこのように名付けること自体おかしな話であるが)に対して疑問を呈している。その背景は先に述べた通り、日本人の英語に対するニーズおよび日本人の英語学習・使用環境に対する掘り下げた検討である。著者の豊富な研究・教育経験に基づいた論理展開は分かりやすく、結論も納得がいくものである。
全体のトーンは金谷憲『英語教育熱 過熱心理を常識で冷ます』とも類似している(というより、この問題をまともに考えれば同様の結論にいたるはずだ)。本書の方がやや落ち着いた印象があるが、これは両著者のスタイルの差異だろう。いずれにせよ、英語を学ぶことに関係する者全員に読んでほしい本である。


ページ: 1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 6 | 7 | 8 | 9