Androidアプリストア Amazonファミリー 本を聴くオーディブル Amazon Cloud Drive SOS0916 Amazon MasterCard nav_flyout_biss DVD Blu-ray Dogs-AD 2017 ファッション Fire HD 10 Fire TV stick おせち特集2018 コンタクトレンズストア DIY・ガーデニング 秋のガーデニング用品セール Kindle Amazon MP3 自転車・自転車用品 STAND BY ME ドラえもん
教会の丁稚さんのプロフィール > レビュー

プロフィール

教会の丁稚さんのコンテンツ
ベストレビュワーランキング: 332,637
参考になった: 1081

ガイドライン:Amazon.co.jp コミュニティのガイドラインについてはこちらを参照してください。


教会の丁稚さんが書き込んだレビュー (青森県東部沿岸)

表示する順番:  
ページ: 1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 6 | 7
pixel
キリスト教神学入門
キリスト教神学入門
アリスター・E. マクグラス著
エディション: 単行本
価格: ¥ 8,100

38 人中、18人の方が、「このレビューが参考になった」と投票しています。
5つ星のうち 2.0 教科書向け。独学にはおすすめしない。, 2010/6/17
レビュー対象商品: キリスト教神学入門 (単行本)
然るべき先生がついて、一、二年かけて学ぶためのテキストとしては、よくできているのかもしれませんが、
独学目的(だって皆さん、神学大ならともかく、キリスト教に興味ある多くの人は、この定評あるテキスト
で独学してやろう、そう思うでしょう?)としては困難極まる。とにかく、800ページクラスの分厚い本とい
うのがよろしくない。教授やメンターが支持しつつ、ここは大事ですよ、ここは日本の神学生は流し読みで
オーケーと指導してくれるなら、これは最高の教科書かもしれませんが、独学には全く向きません。
この本は、高校後期レベルの学生さんが自習に使っていると聞いていますが、ベースができてるんでしょう
ね。ベースがきっちりできていなければ、(訳の問題かもしれませんが)さっぱりわかりません。
もし神学を独習するのなら、同じマクグラスでも「総説キリスト教」の方がよいかもしれませんし、そもそ
もキリスト教の基礎が不十分ならば、ジョシュ・マクドウェルの「徹底検証キリスト教第一巻」(アール・オー・エス企画発刊、扱いはいのちのことば社)とか、今はリパブックスのオーダーメイドでしか扱っていない「組織神学」(聖書図書刊行会/いのちのことば社)などで基礎を固め−もっとも、ガチガチのファンダメンダリストになっても責任負えませんがw−て、その上でマクグラスの中道かつ分厚いテキストに進んでも良いのではないかと思うのです。何で星二つかって? 絶賛ばかりで欠陥(と申しましょうか、内容が難しめなのに、マクグラスなら間違いないという賞賛への反発ですかね)があまり指摘されていないことへの反発です。


マンガで楽しむ!!ラクラク電波とレーダ
マンガで楽しむ!!ラクラク電波とレーダ
中司 浩生著
エディション: 単行本

5 人中、2人の方が、「このレビューが参考になった」と投票しています。
5つ星のうち 1.0 マンガでも分かりにくいという好例、それとも私が馬鹿か?, 2010/6/15
アマ免許から始めて、プロ免許は三海特しか持たない私。せめて上位資格を取りたいと思い、まずは
苦手なレーダの基礎をたたき直したいと思い、マンガを多用しているとのキャッチフレーズで、いか
にも分かりやすそうなこの本を注文しました。
正直に申しますと、マンガパートの必然性を感じない、テキストパートは中途半端に高度。結論。編
著者は誰を視野に入れて本づくりをしたかったのか。
オーム社の類書よりいくらか低目の価格設定とはいえ、おすすめできません。やっぱり、CQ出版社あ
たりから出ている、基礎から学べるテキストを買って読み込むのが、最も効率が良さそうです。


貧乏入門
貧乏入門
小池 龍之介著
エディション: 単行本(ソフトカバー)
価格: ¥ 1,512

18 人中、9人の方が、「このレビューが参考になった」と投票しています。
5つ星のうち 5.0 釈尊の無所有の教えを、現代に適用する試み。あるいは若気の至りw, 2010/6/15
私よりいくらか年下ですが、あえて小池禅師とお呼びし、僧に礼拝したてまつる。
同棲していた彼女を引っ叩いた云々の、禅師の過去の悪行を他著で読んだ時、こういうことを敢えて告げ知らせるべきではない
と思うクリスチャンの私は、一時、禅師の教えから離れていました。
しかしながら、この本を読んでみたら、いいじゃないですか。髪の毛まで含めて全て捨て去り、施せという釈尊の教えは、とう
てい現在の、それも個人にできるものではない。仏教なら共住して修行できるサンガにこもらないと不可能。キリスト教なら、
いわゆる修道院で全て神と小さき兄弟に捧げますという誓願を立てないと無理。
そんな大げさな話じゃない。買ってみたけどどうせ読まない本、冷蔵庫の隅っこで干からびかけてる調味料、そんなものを捨て
て、まず無所有の教えだけでも実践し、味わってみないか?という問い掛けが、この本の主張の中心であろうと思います。
古書の背取りなどやってきた私も、もうそろそろ続けるのは無理。自分で読みたくて集めた哲学や神学、仏教学の書籍は、いよ
いよ床を押しつぶさんばかり! そこに禅師の、どうせそんなもんいらんよ。という一言! まさにこれ、仏の一喝なり!! そ
ういう訳で、本を片付けるきっかけになりました。それだけでも買って良かったです。


救急小辞典
救急小辞典
山吉 滋著
エディション: 単行本

3 人中、3人の方が、「このレビューが参考になった」と投票しています。
5つ星のうち 5.0 ほどほどの厚さ、充実した内容, 2010/6/5
レビュー対象商品: 救急小辞典 (単行本)
医学や看護学の本に比べると、救急隊員がポッケやカバンにしまって持って歩くことを想定しているだけあり、よく言えばコンパクト、悪く言えば必要最小限の内容しか書かれていない。だがそこが良い。医師や看護師なら、メルクマニュアルのような分厚い本を処置室に揃え、常に勉強しつつ、診断困難な病気の患者が運ばれてきたら、急いでめくることもできようが、救急隊員に限らず、学校の保健体育や養護の先生などに、そんなことを求めるのは酷である。それを考えると、前述したような、一時救急処置にあたる職種の人間には、この本くらいで丁度いい。救急小辞典というだけあって、メルクマニュアルにも載ってないような、例えば眼窩の骨折のような怪我についても説明がなされているのもうれしい。薄目で2100円は高価に思えるかもしれないが、私は買って損しないと思う。よって星五個つけようじゃあーりませんか。


剣の乙女―戦場を駆け抜けた女戦士 (Truth In Fantasy)
剣の乙女―戦場を駆け抜けた女戦士 (Truth In Fantasy)
稲葉 義明著
エディション: 単行本
価格: ¥ 1,944

28 人中、28人の方が、「このレビューが参考になった」と投票しています。
5つ星のうち 5.0 値段の割に凝縮された内容。流石の逸品。, 2010/6/5
この手の本では定評のある"Truth In Fantasy"シリーズですが、ずば抜けて名著でした。
神話時代から現代まで、まんべんなく闘う乙女を取り上げ、トリビアにとどまらず、時には悲惨な死にまで言及している。
この手の本は、著者の思い入れの故か、参考資料をあたらない、あるいは明記しないために、ウィキペディアなら「独自研究の疑いがあります」なんてヘッダが付くものですが、この本は(というかこのシリーズは)きっちりと参照すべき参考資料を明記しています。これだけでも星五つの評価をあげてもよろしい。
文章だけでも星五つに値しますが、イラストもなかなか素晴らしい。プロの方のものなのか、とても良い挿絵です。
製本や使っている紙質もしっかりしており、出版社の良心を感じます。一般的に読む限り、十年以上は少しくらい雑に扱っても、まずばらけたりしません。
以上を鑑みて、本当なら星七つくらいあげたいほどです。歴史や(学問的意味での)女性問題に関心のある方に、強く推したい一冊です。


わかりやすい感染症
わかりやすい感染症
辻村 啓著
エディション: 単行本(ソフトカバー)

3 人中、2人の方が、「このレビューが参考になった」と投票しています。
5つ星のうち 5.0 コストパフォーマンス抜群、平易さ抜群のテキスト, 2010/5/21
ほぼ自費出版という形で出版されたためか、内容はコメディカルスタッフどころか、医学生の自習にも十分耐える内容
であるのに、千五百円ちょいという破格の値段である。
この手の医学書は図版が豊富だとgoodというイメージがあるが、実際のところ、教室で助教や助手に指導してもらわな
いと、テキストに載っている図版など分かるものではない。それを踏まえてだろうか。図版はほとんど載っておらず、
かわりにテキストはこれでもかと詰め込んであり、しかしながら、文体は平易である。
この「わかりやすい感染症」に、適当な抗生物質処方例マニュアルを揃えておけば、はったりかますのに丁度良いので
はあるまいかw 冗談はともかく、学部在学の医学生や、看護学生で感染症専門の上位称号を取ろうと勉強している人
は、ぜひ買っておいて損はしない。久しぶりに素晴らしい医学書に出会ったように思う。


新 読めばわかる「憲法改正」
新 読めばわかる「憲法改正」
梶山 茂著
エディション: 単行本(ソフトカバー)
価格: ¥ 1,512

4 人中、3人の方が、「このレビューが参考になった」と投票しています。
5つ星のうち 2.0 結局何をおっしゃりたかったのか?, 2010/5/20
ざっと目を通した程度なので、私の誤読かも知れませんが、結局何を言いたかったのか、よく分かりませんでした。
問題が問題なので、演繹法的に「改正だ」「護憲だ」「一部改正論だ」とはじめに宣言しづらいのは分かるのですが、しかし、最後まで
著者のスタンスが伝わってこず、これなら最初に宣言をした方が分かりやすかった気がします。


女皇の帝国4 内親王那子様の聖戦 (ワニノベルス)
女皇の帝国4 内親王那子様の聖戦 (ワニノベルス)
吉田 親司著
エディション: 新書
価格: ¥ 967

3 人中、3人の方が、「このレビューが参考になった」と投票しています。
5つ星のうち 5.0 ついに戦死者続出!転進不能の戦いの火蓋が切られた!, 2010/4/6
それなりにノンビリした物語が一転、起死回生の手段、氷山空母一番艦の出撃を持って、結構リアルに人が死んでいく、本格的架空戦記ものに内容が変わってきます。それを激励鼓舞しつつ、しかし、中身は繊細な少女である故に苦悩する元帥殿下のギャップに萌えw
実際、理屈の通じないスタ公が日本進駐し、核兵器の無い世界観の中、エボラ級の生物兵器を撒くぞ撒くぞ、と脅す状態で膠着すれば、イージス艦はおろか、大和クラスの戦艦も、高高度戦略爆撃機もない状態では、時代に即した爆撃機や攻撃機、爆撃機を運用せざるを得ず、氷山空母有効です。さしずめ今ならFRP躯体組み合わせの自航型海上プラットフォームか?


女皇の帝国5 内親王那子様の聖戦 (ワニノベルス)
女皇の帝国5 内親王那子様の聖戦 (ワニノベルス)
吉田 親司著
エディション: 新書
価格: ¥ 967

14 人中、13人の方が、「このレビューが参考になった」と投票しています。
5つ星のうち 5.0 内親王・元帥殿下、ついに皇國奪還のため出陣す!, 2010/4/1
某岩波の「世界」に、このシリーズ、萌えキャラを使って皇室を美化し、過去の戦争をも賛美しているという違反記事が載ったせいで、読者があきれたせいか、四巻以降のレビューが無いのが遺憾である。当該記事を載せた的外れな編集者は、寄稿者もろとも治安維持法による予防拘禁が必要であろう。「戒厳司令部の石原だ、佐藤大輔憲兵少佐につないでくれ」
冗談はともかく、少女の殻をも脱ぎ捨て切れていない内親王が、いくら年不相応なカリスマと女性的魅力で兵士を鼓舞し、大元帥陛下の大命を拝し奉り、皇国と臣民の奪還、救出に命を捨てる覚悟を決めようとも、全軍をまとめあげ、指揮を執るなど現実には不可能である。
しかし、このジャンヌ・ダルクの東洋の再来に心酔した、世界各国の歴戦の勇士が「命を捨ててもプリンセスのためならお釣りがくるぜ!」という覇気!、氷山空母という超兵器による本土特攻という大作戦が、読者のカタストロフを木っ端微塵に払拭してくれる。
一服の清涼剤に過ぎぬ小説かというと、そんなことはなく、ソ連の思いもよらぬ手法による反撃、スタ公の陰湿かつ破滅的なテロ作戦など、軍事を少しかじった程度の私には十分に読み応えがある。
何より嬉しいのは、トロツキーの純粋な革命精神と才能が正確に描写され、レーニンの片腕にして友、何より、スターリンの死刑執行人として登場したこと。革命主義者じゃないが、トロツキーが史実では不憫(スターリンの追っ手に暗殺され、頭はピッケルで滅多打ち)なだけに、例え皇国に仇なす敵の最高指導部序列二位であっても、心から嬉しくなった。
最後に。ここが大事だが、「巻頭に、漫画家でイラストレータでもあった、先日、若くして急逝した飯島先生への追悼の辞と献辞が載せられ」ていた。著者との付き合いは分からないが、著者の心配りに敬意を示しつつ、飯島先生に哀悼の念を表する。アーメン。


「旅する教会」40話―連載
「旅する教会」40話―連載
加藤 博道著
エディション: 単行本

2 人中、2人の方が、「このレビューが参考になった」と投票しています。
5つ星のうち 5.0 聖公会東北主教のやさしい礼拝学講座, 2010/3/30
聖公会東北教区主教、ヨハネ加藤博道師父が、数年にわたって東北教区報に連載してきたコラム、というよりも、信徒向け礼拝学(典礼神学)講座を、一冊にまとめた本です。
日本聖公会の主教というと、一般に礼拝学のオーソリティが多いのですが、加藤主教もその一人です。東京教区司祭時代にアメリカの神学校に出向し、先端の礼拝学をおさめ、東北教区主教の任に就いたのちも、東京の聖公会神学院(修士課程相当)の礼拝学講師をしばらく続けてきた、日本の礼拝学の権威の一人です。
この本は、前述したとおり、信徒向けの教養講座的なコラムをまとめた本なので、内容はとても分かりやすい。しかしながら、カトリック教皇ベネディクト16世による、かつてのラテン典礼の再評価とか、故グレゴリー・ディクス(今は珍しい聖公会の修道士ですが、とんでもなく有名な神学者です)への言及など、時代の流れに即した、あるいは、高度な内容にも触れています。
この本一冊でも勉強になりますが、これをとっかかりとして、礼拝学って何だろう?、というか、どうやって礼拝を通じて神に仕えるべきなのかしらん?というところまで、読者の学ぶ意思を刺激していくことこそが、筆者の主教さんの真の狙い目なのかなと思います。


ページ: 1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 6 | 7