Androidアプリストア Amazonファミリー 本を聴くオーディブル Amazon Cloud Drive 8000 Amazon MasterCard 洗車グッズ特集 TradeIn ファッション Fire 7 ・Fire HD 8 Fire TV stick 敬老の日2017 暑さ対策アイテム特集 ペットの防災特集 Kindle Amazon MP3 アウトドア HITOSHI MATSUMOTO Presents ドキュメンタル シーズン3
いぼるさんのプロフィール > レビュー

プロフィール

いぼるさんのコンテンツ
ベストレビュワーランキング: 4,344,187
参考になった: 1

ガイドライン:Amazon.co.jp コミュニティのガイドラインについてはこちらを参照してください。


いぼるさんが書き込んだレビュー

表示する順番:  
ページ: 1
pixel
東遊伝 鷹王と八百万の神々
東遊伝 鷹王と八百万の神々
堀田はりい著
エディション: 単行本(ソフトカバー)
価格: ¥ 2,263

1 人中、1人の方が、「このレビューが参考になった」と投票しています。
5つ星のうち 5.0 本格的ファンタジー小説, 2012/2/22
日本発、いや東アジア発の本格的ファンタジー小説だと思いました。
現代の現世、神々の国、そして古代の前世の三つの世界を行き来すること自体、スケールが大きいのですが、それに加えて、誘拐にあったり、国と国の交流等で、古代ケルトの村から古代モンゴル、高句麗、倭国へと地球規模で旅するという物語の距離的スケールも大きく、毎日、旅する気分(時空も)で読み進みました。
歴史の知識がないと読みづらいのではないかと思っていましたが、全くそんなことはありませんでした。巻末の登場人物の一覧表が役に立ちました。また家族との悲しい別れがあったり、恐ろしい事件もあるのですが、概して愉快な場面が多く、特に神々の国の描写がとても面白く、通して楽しく読むことが出来ました。たびたび出てくる舞楽や祭りの描写があるたびに、どんな音楽なのだろうと想像したりしました。鷹王と恋人のハナ一行が北九州の海を進む時の古墳が見える風景や筑紫の国の都の美しい風景などは、実際に映像で見てみたいとも思いました。
読後、気分が大きくなった気がしています。また、相撲見る目、外国から日本にやって来た人達を見る目が、私の中で変わった気がしています。美しい扉絵や朝鮮半島から倭国を眺めた手書きの地図や竜神や鷹や竪琴などの様々な挿絵も物語の世界へ、すっと誘ってくれました。貴著をありがとうございました。


ページ: 1