Amazonギフト券を不正に取得しようとする詐欺にご注意ください

Amazonギフト券を不正に取得しようとする詐欺にご注意ください

Amazonギフト券番号を不正に取得しようとする「詐欺業者」に対して、番号をメール・FAX・電話等で開示・送信・譲渡しないようお願いいたします。

国民生活センターによる注意喚起

キャッシュレスの支払い手段(Amazonギフト券を含む各種の電子マネー)に関する消費者トラブルに関する相談が、全国の消費生活センターや国民生活センターに寄せられており、 国民生活センターによる注意喚起(http://www.kokusen.go.jp/soudan_now/data/preca-sagi.html)がなされています。

詐欺の内容は、詐欺業者がAmazonギフト券の番号をメール・FAX・電話等で不正に取得する手口です。

具体的な相談事例として、業者にアダルトサイトのワンクリック請求や架空請求等により料金を請求され、その支払手段としてサーバ型プリペイドカードの購入を指示され、要求されるままにカードに記載された番号等(複数桁の数字や文字)を伝えてしまった例が記載されています。

以下、国民生活センターから消費者へのアドバイスが記載されています。こちらは Amazonギフト券にも当てはまりますので、ご留意 ください。


  1. 表示や金額をしっかり確認した上で、支払い手続きを行う
  2. 絶対に、口頭やメール等でプリペイドカード番号を業者に伝えたり、指示された番号にチャージしたりしない
  3. プリペイドカード番号を伝えたり、指示された番号にチャージしてトラブルとなった場合には、早急にプリペイドカード発行会社に連絡する
  4. 不安に思ったりトラブルにあった場合は、すぐに最寄りの消費生活センター等に相談する

不審な相手にAmazonギフト券を送ってしまった場合

万一、フィッシングと思われるサイトやEメールへギフト券を送ってしまった場合は、AmazonカスタマーサービスまでEメールでご連絡ください。

フィッシングメールやサイトに関しては、Amazonでも問題解決に向けて対応を進めております。不審なEメールやサイトなどを見つけられた場合には、こちらをご覧のうえ、Amazonカスタマーサービスまでご報告ください。

フィッシングメール、サイトの例

これまでにお客様よりご報告いただいているいくつかの事例を以下に記載いたしますので、該当のEメールを受け取った場合には、メールへの返信や、メールに記載されたURLへアクセスされないようにご注意ください。また、フィッシングサイト上におけるお客様情報の登録や、フィッシングサイト上に記載される指定Eメールアドレス(info@amazon-biz.net など)へのギフト券の転送はしないでください。

重要: 下記はあくまでお客様からご報告いただいたものであり、これ以外のEメールやサイトであれば安全というわけではありません。こちらをご参照のうえ、Amazon.co.jpからのEメールやAmazon.co.jpのサイトかどうかを必ずご確認ください。

フィッシングメール

フィッシングサイト

Amazon.co.jp からのEメールかどうかの識別方法

Amazon.co.jp が使用しているドメインや、識別方法については、こちらのヘルプページをご確認ください。



カスタマーサービスに連絡
アカウントサービス
カートを見る
ほしい物リスト
Amazonトップ
ヘルプ・サポート
よくある質問
利用規約
プライバシー規約
Docomoマイメニューの解除