この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する

be found dead トーキョー/不在/ハムレット [DVD]

5つ星のうち 5.0 1 件のカスタマーレビュー

出品者からお求めいただけます。 在庫状況について
新品の出品:1¥ 13,899より 中古品の出品:4¥ 1,380より

Amazonビデオ

Amazonビデオは新作映画や話題のTV番組、アニメなどをいつでも気軽に楽しめるデジタルビデオ配信サービスです。 パソコンやFireのほかiPhoneやiPadでも観ることができます。詳細はこちら

【Amazon Global】OTAKU Store
Figures, Video Games, Blu-ray, DVD and Music of Japanese Anime, Games and Pop Culture Shop now

キャンペーンおよび追加情報

  • 予約商品を通常商品と同時にご注文の場合、通常商品も予約商品の発売日にまとめて発送される場合がございます。通常商品の配送をお急ぎの方は別々にご注文されることをおすすめします。 予約注文・限定版/初回版・特典に関する注意はこちらをご覧ください。

  • Amazon.co.jpが販売する一部の商品はお一人様のご注文数量を限定させていただいております。限定数量を超えるご注文の際にはキャンセルさせていただく場合がございますのであらかじめご了承ください。

  • 【買取サービス】 Amazonアカウントを使用して簡単お申し込み。売りたいと思った時に、宅配買取もしくは出張買取を選択してご利用いただけます。 今すぐチェック。


登録情報

  • 監督: 鈴木謙一, 宮沢章夫, 冨永昌敬, 浅野晋康
  • 形式: Color, Mono
  • リージョンコード: リージョン2 (このDVDは、他の国では再生できない可能性があります。詳細についてはこちらをご覧ください DVDの仕様。)
  • 画面サイズ: 1.33:1
  • ディスク枚数: 1
  • 販売元: アップリンク
  • 発売日 2005/01/24
  • 時間: 102 分
  • おすすめ度: 5つ星のうち 5.0 1 件のカスタマーレビュー
  • ASIN: B0006TPJNS
  • JAN: 4932487022199
  • Amazon 売れ筋ランキング: DVD - 208,516位 (DVDの売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?

商品の説明

内容紹介

「静かな演劇」ブームを巻き起こし、紙メディアからは名エッセイストとして注目される作家・演出家、宮沢章夫が総監督、『亀虫』の冨永監督らが参加したオムニバスシネマ!特典映像にて松尾スズキらによる対談も収録! 宮沢氏本人の初監督作品に加え、人気作『亀虫』の冨永昌敬監督、『仄暗い水の底から』『ラストシーン』脚本の鈴木謙一ら実力派監督らが参加。
死体が発見されたとき、語られるのは「死んだ者」であり、その死因や、あるいはそれが殺人なら犯人を探すのはよく知られた物語だ。だが「発見者」のことは多くは語られない。語られたとしても発見が完結したところで「発見者」はその役目を終える。『be found dead』は「発見者」をめぐる五つの物語だ。発見者はいかにして生きてきたか。その日、発見者はなにを求めていたか。なにが発見者を「死体」に呼び寄せたのか。それは単なる偶然だっただろうか。なにかによって「発見」がうながされたのかもしれない。就職活動をしに東京に出てきた女がいた。エロ雑誌を手に入れたいが勇気が出ないまま、本屋を転々とする中学生がいる。どうしても死体を発見しなければならない者たちもいたし、死体がすぐそばにあるのに気がつかないごく平凡な日常がある。「死体発見」にいたる五つの物語は、遊園地再生事業団新作公演『トーキョー/不在/ハムレット』の予告篇ともいうべき映像作品である。物語のなかではいつだって、「死体」は誰かに発見される。
★収録作品: be found dead 1「欲望の旅の果てに」監督・脚本:鈴木謙一 (『仄暗い水の底から』『ラストシーン』脚本)/be found dead 2「2話」監督・脚本:浅野晋康/be found dead 3「イマニテ」監督:宮沢章夫、 be found dead 4「オリエンテ・リング」監督・脚本:冨永昌敬(『亀虫』)/ be found dead 5「川」監督・脚本:宮沢章夫

内容(「Oricon」データベースより)

死体の“発見者”にスポットを当てた5つのエピソードからなるオムニバス・ムービー。宮沢章夫、鈴木謙一ら実力派監督が参加。

商品の説明をすべて表示する

カスタマーレビュー

5つ星のうち 5.0
星5つ
1
星4つ
0
星3つ
0
星2つ
0
星1つ
0
カスタマーレビューを表示
あなたのご意見やご感想を教えてください

トップカスタマーレビュー

 宮沢章夫、富永昌敬監督作品を含むオムニバス映画である。もとは宮沢章夫の小説「不在」から派生して出来た演劇「東京/不在/ハムレット」の制作過程をドキュメンタリーに映していこうと宮沢さんは考えていたが、あれやこれやで何故か(演劇とは別に)単独で映画を撮ることになった。とはいっても演劇に関連した一貫した主題が一つあってそれは映画の最後に死体を発見して終わるということ。
 見所はあの青山真治と阿部和重が絶賛した日本映画界の若手のホープ富永昌敬さん(20代)の作品が所収されていること。富永さんの作品はまだ「亀虫」とこの作品しか発売されていないんでこの作品は貴重だ。富永さんの映画の特徴は「亀虫」のほうのレヴューに任せるとして、この映画のもう一つの見所の(個人的には富永さんくらい重要)宮沢さんの作品について少しレヴューをしたい。ちなみに宮沢さんは初監督だ。
 「わからなくなってきました」の作者として有名な宮沢さんの本作品所収の二編も、エッセイと同じく「どうでもいい」感覚が出ている(ちなみにこのどうでもよさは富永監督に近い)。一遍はおじさんのアパートでえんえんと話し合ってるバンドのメンバーが約10分間フィックスのワンカットで映されている作品だ。そこには主人公らしき人物はいなくただみんなでしゃべってるだけだ。すげー「どうでもいい」感じがでててすばらしい。僕らはただ見ることしかで
...続きを読む ›
コメント 5人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告


関連商品を探す