通常配送無料 詳細
残り1点(入荷予定あり) 在庫状況について
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。 ギフトラッピングを利用できます。
facebook がカートに入りました
+ ¥ 257 関東への配送料
コンディション: 中古品: 非常に良い
コメント: ◆◆◆カバーに若干の使用感がありますが、きれいな状態です。迅速・丁寧な発送を心がけております。【毎日発送】
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
この画像を表示

facebook 単行本 – 2010/4/6

5つ星のうち 3.9 31件のカスタマーレビュー

その他()の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
単行本
"もう一度試してください。"
¥ 1,680
¥ 1,600 ¥ 1

AmazonStudent

Amazon Student会員なら、この商品は+10%Amazonポイント還元(Amazonマーケットプレイスでのご注文は対象外)。

click to open popover

キャンペーンおよび追加情報


よく一緒に購入されている商品

  • facebook
  • +
  • フェイスブック 若き天才の野望 (5億人をつなぐソーシャルネットワークはこう生まれた)
総額: ¥3,624
ポイントの合計: 59pt (2%)
選択された商品をまとめて購入

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。



【Amazon Global】OTAKU Store
Figures, Video Games, Blu-ray, DVD and Music of Japanese Anime, Games and Pop Culture Shop now

商品の説明

内容紹介

世界最大のSNSで、ビル・ゲイツに迫る男。
4億人が利用する巨大ソーシャルネットワーク創業者、マーク・ザッカーバーグの知られざる素顔。

内容(「BOOK」データベースより)

4億人が利用する巨大ソーシャル・ネットワーク創業者マーク・ザッカーバーグの知られざる素顔。

商品の説明をすべて表示する

登録情報

  • 単行本: 368ページ
  • 出版社: 青志社 (2010/4/6)
  • ISBN-10: 4903853853
  • ISBN-13: 978-4903853857
  • 発売日: 2010/4/6
  • 商品パッケージの寸法: 18.6 x 13 x 3.2 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 3.9 31件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: 本 - 398,411位 (本の売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?

  • 目次を見る

カスタマーレビュー

トップカスタマーレビュー

形式: 単行本
本書は、いまや1つの国家にも例えられるFacebookとその創業者Mark Zuckerbergの、華麗なるサクセスストーリーの裏側で渦巻いていた闇に迫った、”再現ドラマ”である。
それも、極上のドラマ、である。
近年急成長中のIT企業の例にもれず、Facebookも一人の天才ハッカーによって作られた。

本書は彼の物語、いや、彼と関わった人達によって語られた彼の物語である。特に、Markに恨みを持っているであろう人間によって再現されているという点が、本書をより面白く、よりリアルにしているのだろう。

物語は、ハーバードでのエリートクラブ入会審査の場面から始まる。
お世辞にも社交的とは言えない -超一流のGeekが常にそうであるように- 主人公(?)のMarkは、ハーバードでの輝ける地位を保障されていたエリートの仲間入りはできなかった。しかし彼はそんなことは意に介さず、自らの興味の赴くままにコードを書き、ハーバードのセキュリティシステムに侵入する。

どんどんと巻き起こっていく多くの出来事は、彼の異端としてのキャラクター、天才性を際立たせる。

そして多くの闇も描かれる。

Facebook創業にまつわるいざこざ、仲間の裏切り、訴訟。
創業から
...続きを読む ›
コメント 35人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
投稿者 A-bot 投稿日 2010/11/15
形式: 単行本
とても面白い。
人の裏切り、嫉妬、リアルな人間の心情がなんとも言えませんでした。

ただ少し残念なのは経過と結果が物語の主なので
マーク・ザッカーバーグの素顔、考え方は結局のところあまりわからないという事。

何も知らずに読んだ私は【思いやり】という面では少し彼を嫌いになりましたが…
反面、何事にも動じない、ストイックさ加減には尊敬に値するものがあります。

ますます彼を知りたくなるという意味では読む価値あり。だと思います。
コメント 9人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本
夢中で読んだ。
映画『ソーシャル・ネットワーク』を2回観た後だったので、映画との相違点も十分に楽しめた。

本書を通して読んでも、マーク・ザッカーバーグという人が
どこまで恣意的に行動しているのかは、正直さっぱりわからない。

この本で書いてあることも、「どこ」が「誰」にとっての真実で、
どこがそうでないのか、常にはっきりしない。とにかくグレーだ。

というのは、ある意味当たり前。
たとえザッカーバーグ本人によって書かれた本が存在したとしても、
真実(あるいは事実)はあくまで主観的なものでしかない。
もちろん、本書の著者がどれだけ多くの関係者から、どれだけ多くの証言を得て本書を記したのだとしても。

映画では、そのグレーな部分が巧みに「演出」されていたからこそ、
エンタテインメントとして秀逸な完成度を保ったのだと思う。
記してある「事実」は映画と異なる部分も多々見られるが、
本書も基本的には同じ構造をもっている。
まるで「小説」のように登場人物の心情や周囲の風景といったディテールが描かれるため、
本書の内容すべてをそのまま信じろというほうが難しい。

孤独な天才の成功物語とし
...続きを読む ›
コメント 2人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
投稿者 masa_yeah VINE メンバー 投稿日 2010/6/13
形式: 単行本
ハーバード大学の生活が世界最大のSNSを誕生・運営までの話だけど、正直なところネットベンチャーを扱った他のビジネス関連本に比べてビジネスの緊張感は高くなかった。
ネットベンチャー業界が成熟期に入り、かつてのような生き馬の目を抜くかのようなM&Aも一段落したことも、ストーリーにギラギラ感がない原因なのかもいれない。

Facebookの生い立ちを知りたいという人には興味深くても、そうでない人には取り立てて魅力的ではないと思う。

創業当時からのメンバー間のゴタゴタがほぼ中心を占め、ところどころビジネス界の重鎮(Napsterなど)が顔を出すものの、これといったSNSのライバルや他のネットベンチャーとの競争に打ち勝つための闘いについての記述は極めて淡白なため、これらを期待する人には肩すかしを喰らわされる。
コメント 2人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告

最近のカスタマーレビュー