中古品
¥ 1
+ ¥ 257 関東への配送料
中古品: 非常に良い | 詳細
発売元 ネットオフ
コンディション: 中古品: 非常に良い
コメント: 【購入後48時間以内に弊社より発送】中古品のため使用感はありますが、綺麗なものを販売しております。※カバー・中身(書き込み・線引きなし)ともに良好です。万が一、品質不備があった場合は返金対応。弊社Webサイトでも販売しているため在庫切れになった場合はキャンセル扱いとなります。
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
この画像を表示

f植物園の巣穴 単行本 – 2009/5/7

5つ星のうち 4.5 11件のカスタマーレビュー

その他()の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
単行本
"もう一度試してください。"
¥ 1,512 ¥ 1
click to open popover

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。



【Amazon Global】OTAKU Store
Figures, Video Games, Blu-ray, DVD and Music of Japanese Anime, Games and Pop Culture Shop now

商品の説明

内容紹介

歯痛に悩む植物園の園丁がある日、巣穴に落ちると、そこは異界だった。前世は犬だった歯科医の家内、ナマズ神主、愛嬌のあるカエル小僧、漢籍を教える儒者、そしてアイルランドの治水神と大気都比売神……。人と動物が楽しく語りあい、植物が繁茂し、過去と現在が入り交じった世界で、私はゆっくり記憶を掘り起こしてゆく。怪しくものびやかな21世紀の異界譚。

内容(「BOOK」データベースより)

植物園の園丁は、椋の木の巣穴に落ちた。前世は犬だった歯科医の家内、ナマズ神主、烏帽子を被った鯉、幼きころ漢籍を習った儒者、アイルランドの治水神…。動植物や地理を豊かにえがき、埋もれた記憶を掘り起こす会心の異界譚。

商品の説明をすべて表示する

登録情報

  • 単行本: 193ページ
  • 出版社: 朝日新聞出版 (2009/5/7)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 4022505885
  • ISBN-13: 978-4022505880
  • 発売日: 2009/5/7
  • 商品パッケージの寸法: 19 x 13.8 x 2.6 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.5 11件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: 本 - 413,569位 (本の売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?

カスタマーレビュー

5つ星のうち 4.5
あなたのご意見やご感想を教えてください

トップカスタマーレビュー

形式: 単行本
梨木果歩は『西魔女』のイメージが強すぎる(若しくは、これを宣伝文句に使い過ぎる)せいか、本当の実力を見過ごされている作家ではないでしょうか。

当然『西魔女』『りかさん』とかに繋がる万人向けものがたり的魅力、『裏庭』のような捻りの効いたファンタジー、そして作品の基礎を支えるグローバルな意識と自然との交信を綴ったエッセー関係、いずれも個人的にはとてもしっくり来て大好きです。

一方で『家守綺譚』『村田エフェンディ滞土録』から本書に繋がる作品は、勝手に『VPN3部作』傑作群と位置づけてます。
V:完璧にタイムトリップしたようなバーチャル感、P:それも、その時代の極めて個人的(Private)な心の機微を再現、N:それが私小説のように内に閉じた世界でなく、飽くまで外(植物・幽霊・外国人、何でもあり・・)に向かってネットワークが伸びて行く感覚。

この点を含め、3作品は、表現したい事に対し適切な個性的文体と構成を創造していっている点で、類まれな完成度を見せており、我々日本語を操る者にとって、誇りとなり得る作品と言ってもいいんじゃないででしょうか。

そして改めて3作品位置づけですが、『家守』は傑作なれどウォーミングアップ、『滞土録』は個人的文体を駆使しながらも世界観・時代観の捉え方が見事に反映された点
...続きを読む ›
コメント 50人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本
梨木さんの作品の中では、「家守奇譚」と「沼地のある森を抜けて」に近い印象。
なので、「西の魔女が死んだ」のように、あたたかく爽やかな読後感を期待すると少し驚くかも知れないですね。

日本古来の神々や四季折々の動植物が不思議な存在感を放っている点では「家守〜」ですが、本質的なテーマは「沼地〜」に近い、というか同じ?な印象を受けました。
いずれも個々の人間と、それに関わる周囲との時間的なつながりと、その中で浮かび上がる人間の悲喜こもごもや優しさ、時にはおどろおどろしさが表現されています。
「沼地〜」が一族が蓄積してきた歴史やルーツの中に個を位置付けていたのに対し、こちらでは個が生活する上での周囲との関わりの時間の集積に目が向けられている印象です。

…という感じで私は受け取りました。
梨木さんの現在地を象徴するような様々なエッセンスがちりばめられているので、読み手次第で多様な受け取り方が出来る気がします。

深淵なテーマをあからさまに重くならないように表現できる梨木さんは素晴らしいですよね〜。
ただ、この作品については、少し文章がテクニカルに過ぎる感があることと、個人的には「りかさん」のような奇妙さと爽やかさの案配が好みということもあり、星4つ。
コメント 26人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本 Amazonで購入
ずっと楽しみにしていた新作だったので嬉しかったです。
植物園ときてなんとなく想像するストーリーからは見事に外れています。
他の方も書かれていますが「沼地のある森を抜けて」と似ていると言えば似ていますが、さらに複層化しているように感じます。木のうろの中に落ちた、ところから始まる不可思議な世界が、記憶の中をどんどん潜行していく、ように読ませておいて、最後には逆だったことに気付きます。
心の中にある、うろのなかのような見えない部分を、「歯を削った大きな穴」と「木のうろ」に絡ませて描いていく世界は、一読すっきりとはいかず、何回か読み返さないと何か読み落としているようで不安になりますが、多分何度読んでも飽きないんでしょう。
☆一つマイナスは、ちょっと難解、ということで……。西魔女から入った方がタイトルと装幀から想像される内容とは乖離しすぎてます(笑)
コメント 15人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本
 淡々とした語り口(ちょっと言葉遣いが文語調でもあり)ながら、随所にユーモアが溢れていて(特に最初は毎ページ)非常に面白かった。『家守奇譚』にも少し似た語り口。ただそれ以上に、内容的にも今までの著者のテーマを入れつつ、より精巧でどんどん進化している印象を受けた。またこれまでと同じく、著者の作品に登場する町は、コンビニやスーパーといったものが存在しないような場所なのだ。

 f郷に引っ越した植物園勤務の佐田は身ごもっていた妻を亡くし、朝食付きの間借りをしている。1年前に旅先で痛くなった虫歯を応急処置してもらい、そのまま放っておいたところ、激痛に耐えかねて近所の歯医者に行く。そこであるものを見、また次第に勤務先の植物園でも様々な植物や虫の生態に触れ、専門の水生植物も調べようとしていると、あるとき、巣穴に落ちてしまう。

 自分の中の「うろ」(虫歯を含め)と植物園の「うろ」、亡くなった妻の千代と同じ名の、実家にいた「ねえや」とf郷にいる女性、すべて「過去と現在がみんないっしょくたに詰まっているのだ」。この名前にまつわるテーマは『裏庭』でも用いられていたもので、最後に明かされる事実がある。また同じような言葉遊び(なぞなぞ)も登場し、すべてのものが梨木ワールドでは繋がっている。佐田が巣穴に落ちてからはファンタジーの世界が広がり、恐らく著者がかなり影響を
...続きを読む ›
コメント 4人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告

最近のカスタマーレビュー