es[エス] [DVD] がカートに入りました

お届け先住所
アドレス帳を使用するにはサインインしてください
または
-
正しい郵便番号を入力してください。
または

こちらからもご購入いただけます
カートに入れる
¥ 8,980
通常配送無料 詳細
発売元: マルチ商店
カートに入れる
¥ 8,980
通常配送無料 詳細
発売元: Cutting Edge Records
カートに入れる
¥ 8,980
通常配送無料 詳細
発売元: UENI-HOUSE
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する

es[エス] [DVD]

5つ星のうち 3.9 123件のカスタマーレビュー

価格: ¥ 8,980 通常配送無料 詳細
残り1点 ご注文はお早めに 在庫状況について
この商品は、北都商店が販売し、Amazon.co.jp が発送します。 この出品商品にはコンビニ・ATM・ネットバンキング・電子マネー払いが利用できます。 ギフトラッピングを利用できます。
新品の出品:4¥ 8,980より 中古品の出品:17¥ 1,184より

Amazonビデオ

Amazonビデオは新作映画や話題のTV番組、アニメなどをいつでも気軽に楽しめるデジタルビデオ配信サービスです。 パソコンやFireのほかiPhoneやiPadでも観ることができます。詳細はこちら

【Amazon Global】OTAKU Store
Figures, Video Games, Blu-ray, DVD and Music of Japanese Anime, Games and Pop Culture Shop now

キャンペーンおよび追加情報

  • 予約商品を通常商品と同時にご注文の場合、通常商品も予約商品の発売日にまとめて発送される場合がございます。通常商品の配送をお急ぎの方は別々にご注文されることをおすすめします。 予約注文・限定版/初回版・特典に関する注意はこちらをご覧ください。

  • Amazon.co.jpが販売する一部の商品はお一人様のご注文数量を限定させていただいております。限定数量を超えるご注文の際にはキャンセルさせていただく場合がございますのであらかじめご了承ください。

  • 【買取サービス】 Amazonアカウントを使用して簡単お申し込み。売りたいと思った時に、宅配買取もしくは出張買取を選択してご利用いただけます。 今すぐチェック。


よく一緒に購入されている商品

  • es[エス] [DVD]
  • +
  • THE WAVE ウェイヴ [DVD]
  • +
  • エクスペリメント [DVD]
総額: ¥13,146
選択された商品をまとめて購入

この商品を見た後に買っているのは?


登録情報

  • 出演: モーリッツ・ブライプトロイ, クリスティアン・ベッケル, ユストゥス・フォン・ドーナニー
  • 監督: オリバー・ヒルツェヴィゲル
  • 形式: Color, Dolby
  • 言語: ドイツ語, 日本語
  • 字幕: 日本語
  • リージョンコード: リージョン2 (このDVDは、他の国では再生できない可能性があります。詳細についてはこちらをご覧ください DVDの仕様。)
  • 画面サイズ: 1.66:1
  • ディスク枚数: 1
  • 販売元: ポニーキャニオン
  • 発売日 2003/01/16
  • 時間: 119 分
  • おすすめ度: 5つ星のうち 3.9 123件のカスタマーレビュー
  • ASIN: B00007FVY3
  • JAN: 4988013446106
  • Amazon 売れ筋ランキング: DVD - 19,156位 (DVDの売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?

商品の説明

Amazonレビュー

   新聞広告で集められた被験者を「看守役」と「囚人役」に分け、模擬刑務所で生活をさせる…。アメリカの大学で実際に行われた実験を題材に描く、スリリングなドイツ映画。元記者の主人公が、起死回生のネタとして被験者に応募し、実験を記事にしようとする。しかし、実験に参加する前から、彼の身に奇妙なできごとが連続。そして、実験に参加した彼が体験したものとは?
 「役割」を与えられた人間の心理が無意識のうちに変化していく過程は、予想どおりの展開とはいえ背筋が凍る。自分が同じ立場になったら…というリアルな恐怖を体感させられるのだ。囚人に課せられた厳しいルールと、それに反したときの罰則もショッキング。主演は『ラン・ローラ・ラン』で知られるモーリッツ・ブライプトロイで、自分の精神がコントロールできなくなっていく記者の姿を迫真の演技でみせる。(斉藤博昭)

レビュー

監督: オリバー・ヒルツェヴィゲル 脚本: マリオ・ジョルダーノ 撮影: ライナー・クラウスマン 美術: ウリ・ハニッシュ 衣裳: クラウディア・ボブジン 出演: モーリッツ・ブライプトロイ/クリスティアン・ベッケル/オリヴァー・ストコフスキー/ユストゥス・フォン・ドーナニー/ティモ・ディールケス/ニッキ・フォン・テンペルホフ/アントアーヌ・モノ/メラン・エッゲルト
-- 内容(「CDジャーナル」データベースより)

カスタマーレビュー

トップカスタマーレビュー

形式: DVD
「ふしだらなルール」と「あいまいな罰則」
の元で看守と囚人ごっこをしたら
どうなるか。

それは、「抑圧的な看守と奔放に振舞う囚人」の
できあがりだ。
それで、結局、人は、無秩序には耐えられないから、
秩序のための暴力が出てくる。

こんなことは、民衆の「自由(リベルテ)」のためのフランス革命が
そのあとにギロチンを持ち出しては恐怖政治が起きたこと、
さらにおしすすめて農民の「自由」のために、
ロシア革命が起こったが、そのあとに3000万人を粛清しなければ
ならなくなった常識を知っていればわかることだ。

だが、歴史から学ばないのが人民の常なる姿で、
まれな人物しか「自由」を疑う人間はいない。
実験をしなくても、映画を
みなくても、ルール意識の乏しい身近な
子供を見ていればわかるだろう。

実際のアメリカの心理実験をネタとしていると
言われているが、自由の国アメリカのもっとも危ない人種が
集う刑務所の実態は少し調べれば、
この映画と同等かそれ以上に凄まじいとわかる。

自由には規制がなければ、たんなる無秩序、
放縦放埓になる。
規制だけでがんじがらめでは人は耐えられない。
コメント 1人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: DVD Amazonで購入
最初はレンタルして観たのですが、あまりにも興味深かった内容なのでDVDを購入しました。

なにせ、この映画は誰かがが作った架空の物語ではなく「実際にアメリカのスタンフォード大学で行われた」心理実験をベースに映画が製作されたのです。

人が極限の状態に陥った時の言動や行動の数々はわれわれのごく平穏な日常では決して考えられないものばかりです。

もはや人間としての秩序や道徳心もへったくれで「人は恐怖に陥ればこんなに変わってしまうのか」と自分は驚きをしたのと同時にとても興味深い人間の心理をまた一つ知ることが出来ました。
コメント 3人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
投稿者 案山子 トップ500レビュアー 投稿日 2017/8/8
形式: DVD
 それがes。

 単なる実験としての設定の中でさえ、権力を与えられた人間と権力を奪われた人間が同じ一つの空間に閉じ込められると、短期間のうちに与えられた役割にはまり込み、狂気を演じていく。
 しかも、それはもともとの性格とは全く無関係に無個性に、まるで平板な仮面を被るように。
 例えば現実の社会でも、ただの気の弱い男が、組織の中で力を与えられると、とんでもない男に豹変してしまうように。しかも多くの場合、悪い意味で変わっていく。
 傍目で見ると滑稽なのに恐ろしい。
コメント 1人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: DVD
ストーリーの中で人生や人間性を浮かび上がらせるような従来型の映画と異なり、より直接的に人間性や人間の本性に焦点が当たっている。

実話ベースの監獄実験のストーリーだが、この映画の衝撃の強さは、この監獄実験そのものがもたらすインパクトに負うところが大きい。
この監獄実験そのもののドキュメンタリー作品であっても同様の衝撃があると思う。

この映画の中でそうした生のインパクト以外に意図的に構成されていると考えられるのは、実験による人間の残虐性の発露と、その対極にある、人間の愛情の対比だろう。
主人公タレクと行きずりの恋人ドラの関係は、そのために設定されたものと考えて間違いないと思う。
人間は、そうした対極のふたつの感情を持った生き物であるということが、テーマのひとつなのだろう。

もっとも、この愛情との対比は、作品の中でうまく消化されているとは言い難い。
ドラとの関係のシーンは、作品の中でかなり浮いている。
また、主人公が記者であるという設定、また軍人などの他の囚人の設定もうまく生かされているとは言い難い。

この実験で露わになっている人間の獣性や残虐性は、日常生活の中のいじめや競争社会の自己中心的心理、あるいはホロコーストのような非人間的な結果をもたらす集団
...続きを読む ›
コメント 8人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: DVD
公開当時、ドイツ映画としては珍しく、そこそこ話題になっていたような覚えがある。

おそらく、「es」という邦題が何やら意味深だったのと(原題は"Das Experiment"で、
単なる「実験」という意味)、この手の映画をドイツ人が真面目に撮るとシャレにならない
(劇中で、人物の一人が相手を「ナチ」と罵る場面もある)などの理由によるのだろうが、
実際に見てみると、演技力でそれなりに見せはするものの、ツッコミどころも満載で、
世評ほどではないという印象を受けた。

とくにストーリーを支える大枠の部分で、かなり描き込みが不足しているように感じた。
以下、弱いと感じた点をいくつか挙げる。

1. 実験の目的が曖昧なままだし、研究者側(とくに教授)の認識も甘過ぎる。

実験が途中から制御不能のカタストロフに陥り、その過程で醜い人間性が暴かれる様を、
ドキュメンタリー風に撮りたかっただけだとしても、そもそもなぜこんな実験が行われたかの
説明が一切ないため(一応、軍が絡んでいるらしいという暗示はあるが、張本人の教授は、
内幕を明かすことなくあっさり撃たれてしまうし、身分を隠して参加している空軍少将も、
途中からは単なるアクショ
...続きを読む ›
コメント 2人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告

最近のカスタマーレビュー