es[エス] [DVD] がカートに入りました

こちらからもご購入いただけます
カートに入れる
¥ 8,200
通常配送無料 詳細
発売元: ちゃがま堂
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する

es[エス] [DVD]

5つ星のうち 3.9 123件のカスタマーレビュー

価格: ¥ 7,770 通常配送無料 詳細
残り1点 ご注文はお早めに 在庫状況について
この商品は、マルチ商店が販売し、Amazon.co.jp が発送します。 この出品商品には代金引換とコンビニ・ATM・ネットバンキング・電子マネー払いが利用できます。 ギフトラッピングを利用できます。

Amazonビデオ

Amazonビデオは新作映画や話題のTV番組、アニメなどをいつでも気軽に楽しめるデジタルビデオ配信サービスです。 パソコンやFireのほかiPhoneやiPadでも観ることができます。詳細はこちら

【Amazon Global】OTAKU Store
Figures, Video Games, Blu-ray, DVD and Music of Japanese Anime, Games and Pop Culture Shop now

キャンペーンおよび追加情報

  • 予約商品を通常商品と同時にご注文の場合、通常商品も予約商品の発売日にまとめて発送される場合がございます。通常商品の配送をお急ぎの方は別々にご注文されることをおすすめします。 予約注文・限定版/初回版・特典に関する注意はこちらをご覧ください。

  • Amazon.co.jpが販売する一部の商品はお一人様のご注文数量を限定させていただいております。限定数量を超えるご注文の際にはキャンセルさせていただく場合がございますのであらかじめご了承ください。

  • 【買取サービス】 Amazonアカウントを使用して簡単お申し込み。売りたいと思った時に、宅配買取もしくは出張買取を選択してご利用いただけます。 今すぐチェック。


よく一緒に購入されている商品

  • es[エス] [DVD]
  • +
  • THE WAVE ウェイヴ [DVD]
総額: ¥10,945
選択された商品をまとめて購入

この商品を見た後に買っているのは?


登録情報

  • 出演: モーリッツ・ブライプトロイ, クリスティアン・ベッケル, ユストゥス・フォン・ドーナニー
  • 監督: オリバー・ヒルツェヴィゲル
  • 形式: Color, Dolby
  • 言語: ドイツ語, 日本語
  • 字幕: 日本語
  • リージョンコード: リージョン2 (このDVDは、他の国では再生できない可能性があります。詳細についてはこちらをご覧ください DVDの仕様。)
  • 画面サイズ: 1.66:1
  • ディスク枚数: 1
  • 販売元: ポニーキャニオン
  • 発売日 2003/01/16
  • 時間: 119 分
  • おすすめ度: 5つ星のうち 3.9 123件のカスタマーレビュー
  • ASIN: B00007FVY3
  • JAN: 4988013446106
  • Amazon 売れ筋ランキング: DVD - 6,586位 (DVDの売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?

商品の説明

Amazonレビュー

   新聞広告で集められた被験者を「看守役」と「囚人役」に分け、模擬刑務所で生活をさせる…。アメリカの大学で実際に行われた実験を題材に描く、スリリングなドイツ映画。元記者の主人公が、起死回生のネタとして被験者に応募し、実験を記事にしようとする。しかし、実験に参加する前から、彼の身に奇妙なできごとが連続。そして、実験に参加した彼が体験したものとは?
 「役割」を与えられた人間の心理が無意識のうちに変化していく過程は、予想どおりの展開とはいえ背筋が凍る。自分が同じ立場になったら…というリアルな恐怖を体感させられるのだ。囚人に課せられた厳しいルールと、それに反したときの罰則もショッキング。主演は『ラン・ローラ・ラン』で知られるモーリッツ・ブライプトロイで、自分の精神がコントロールできなくなっていく記者の姿を迫真の演技でみせる。(斉藤博昭)

レビュー

監督: オリバー・ヒルツェヴィゲル 脚本: マリオ・ジョルダーノ 撮影: ライナー・クラウスマン 美術: ウリ・ハニッシュ 衣裳: クラウディア・ボブジン 出演: モーリッツ・ブライプトロイ/クリスティアン・ベッケル/オリヴァー・ストコフスキー/ユストゥス・フォン・ドーナニー/ティモ・ディールケス/ニッキ・フォン・テンペルホフ/アントアーヌ・モノ/メラン・エッゲルト
-- 内容(「CDジャーナル」データベースより)

カスタマーレビュー

トップカスタマーレビュー

形式: DVD
ストーリーの中で人生や人間性を浮かび上がらせるような従来型の映画と異なり、より直接的に人間性や人間の本性に焦点が当たっている。

実話ベースの監獄実験のストーリーだが、この映画の衝撃の強さは、この監獄実験そのものがもたらすインパクトに負うところが大きい。
この監獄実験そのもののドキュメンタリー作品であっても同様の衝撃があると思う。

この映画の中でそうした生のインパクト以外に意図的に構成されていると考えられるのは、実験による人間の残虐性の発露と、その対極にある、人間の愛情の対比だろう。
主人公タレクと行きずりの恋人ドラの関係は、そのために設定されたものと考えて間違いないと思う。
人間は、そうした対極のふたつの感情を持った生き物であるということが、テーマのひとつなのだろう。

もっとも、この愛情との対比は、作品の中でうまく消化されているとは言い難い。
ドラとの関係のシーンは、作品の中でかなり浮いている。
また、主人公が記者であるという設定、また軍人などの他の囚人の設定もうまく生かされているとは言い難い。

この実験で露わになっている人間の獣性や残虐性は、日常生活の中のいじめや競争社会の自己中心的心理、あるいはホロコーストのような非人間的な結果をもたらす集団
...続きを読む ›
コメント 6人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
投稿者 orcawhale 投稿日 2008/5/31
形式: DVD
1971年、スタンフォード大学で「看守役」と「囚人役」という役割を被験者に与え、2週間過ごすという心理実験が行われました。
しかしその実験は、実験の域を超え、わずか7日間で打ち切られました。
その実態がこの映画の中にあります。

昔、心理学の授業で、role playについて勉強したことがあります。ヒトは役割を与えられると、最初は演技であってもすぐにそれがただの演技ではなくなり、役割そのものの人格になってしまうということ。
その授業でもこの実験が取り上げられていました。

例えば「いじめ役」「いじめられ役」を決め、1日その役割を演じるという実験を毎日繰り返すとします。実際にその実験が行われたアメリカの小学校では、1時間とたたないうちに、役割を与えられた生徒達が本気で「いじめ」だし、本気で「いじめられ」出しました。
「3年B組金八先生」でも似たようなシーンを見たことがあります。

戦場での捕虜に対する暴行なんかもきっと、こういう心理状態に陥るからこそしてしまう行動なんでしょうね。
コメント 34人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: DVD
心理学ではあまりにも有名な実験を映画化した作品。
倫理の無い実験の中で、急速に常軌を逸していく被験者達。
極限状態で暴走する人の狂気、欲求がグロテスクに描かれています。
緊迫感、恐怖、嫌悪感、見る側にも精神的にくるものがあるので、見るときには覚悟を決めて見たほうがいいです。
コメント 16人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: DVD
何かのサイトで本作品が紹介されており、内容に興味を持ったので視聴してみました。

とある心理学者の実験に主人公が参加することで物語は進展します。参加者は事前にテストを受け看守側と囚人側に分けられ
学者側が用意した簡易監獄で二週間過ごすことを要求される。大抵の応募者が協力費目的で参加する中、同異の目的を持ち実験に加わる人もいるみたいで…。

登場人物は主人公を含む二名以外は協力金を目的としています。だけど
主人公は協力金より遥かに有益な報酬を戴く為
実験を引っ掻き回したり周りを煽ったりして平野に波乱をおこします。
その結果、自業自得とも言うべき痛い目を見ることになるのですが、主人公は挫けません。

出演俳優は皆、血気迫る好演を果たしておりそれは見るものを物語へ引き込みます。
自分は本作品を視聴する前に、この映画が実際に行われた心理学実験を元に制作されたと聞いていたので、劇中でエスカレートしていく行動の内どこから何処までがフィクションでノンフィクションなのかがとても気になりました。

鑑賞中も実在した実験が基になっていることが頭を過ぎり、役者さんの演技が実力の5割増に感じられた。

本作品の鑑賞後、真っ先に思い浮かんだのは『人道なき科学は
...続きを読む ›
コメント 11人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告

最近のカスタマーレビュー