現在在庫切れです。
この商品の再入荷予定は立っておりません。

ROCCAT KONE Pro ゲーミングマウス (エルゴノミック, 軽量66g, Titanスイッチオプティカル, 光学式Owl-Eye 19K dpi, 熱処理PTFE, 半透明, RGB, サイドボタン) ホワイト ドイツデザイン 国内正規品 ROC-11-405-02

5つ星のうち4.1 313個の評価

現在在庫切れです。
在庫状況について
この商品の再入荷予定は立っておりません。
Brief content visible, double tap to read full content.
Full content visible, double tap to read brief content.
カラー: ホワイト
ホワイト
この選択に基づいて他のオプションを更新しました
サイズ: EUパッケージ
EUパッケージ
この選択に基づいて他のオプションを更新しました
スタイル: 有線
有線
この選択に基づいて他のオプションを更新しました
ブランド ROCCAT
モデル名 KONE Pro
ムーブメント検出技術 光学
ホワイト
ボタンの数 6

この商品について

    以下に適合します: .
  • モデル番号を入力してください これが適合するか確認:
  • 完璧を追求した象徴的なエルゴノミックシェイプ
  • 66g という究極の軽さ
  • Titan Switch Optical安定&高速
  • まるでワイヤレスのような PhantomFlexケーブル
  • 熱処理ピュアPTFEグライド、さらにスムーズな動きを実現するためにプレチューン
もっと見る
最大5,000ポイント還元

類似商品と比較する


ROCCAT KONE Pro ゲーミングマウス (エルゴノミック, 軽量66g, Titanスイッチオプティカル, 光学式Owl-Eye 19K dpi, 熱処理PTFE, 半透明, RGB, サイドボタン) ホワイト ドイツデザイン 国内正規品 ROC-11-405-02
ROCCAT Kone Pure Ultra 超軽量エルゴノミクス ゲーミングマウス (光学式 Owl-Eye 16K, RGB, サイドボタン, 超軽量 66.5g) ホワイト (国内正規品) ドイツデザイン&エンジニアリング ROC-11-731
ROCCAT Kain 202 ワイヤレス Titanクリック RGB ゲーミングマウス (光学式 Owl-Eye 16K, サイドボタン, 無線) ホワイト (国内正規品) ドイツデザイン&エンジニアリング ROC-11-615-WE
ROCCAT Kone AIMO Remastered RGBA スマートカスタマイズ ゲーミングマウス (光学式 Owl-Eye 16K, サイドボタン) ブラック (国内正規品) ドイツデザイン&エンジニアリング ROC-11-820-BK
ENDGAME GEAR XM1 RGB ゲーミングマウス PMW3389センサー RGBライティング 50 - 16,000CPI 5ボタン 60Mスイッチ 交換用マウスソール付属モデル 国内正規代理店品ホワイト EGG-XM1RGB-WHT-JP
Xtrfy(エクストリファイ) M4 RGB 右手用 エルゴノミック ゲーミングマウス【国内正規品】 (ブラック) 701056
カスタマー評価 5つ星のうち4.1 (313) 5つ星のうち4.4 (1883) 5つ星のうち4.3 (4320) 5つ星のうち4.4 (6350) 5つ星のうち4.6 (813) 5つ星のうち4.5 (282)
価格 使用不可 ¥5,873 ¥7,908 ¥7,800 ¥9,453 ¥8,437
出荷 情報が提供されていません 詳細 詳細 詳細 詳細 詳細
販売者 情報が提供されていません Amazon.co.jp Amazon.co.jp Amazon.co.jp アーキサイト@ダイレクト テクテク株式会社
カラー ホワイト ホワイト ホワイト Black ホワイト ブラック
商品本体サイズ 12.5 x 7.2 x 4cm 6.86 x 11.48 x 3.89cm 7.1 x 4.7 x 2cm 12.5 x 8.5 x 4cm 6.6 x 12.2 x 3.8cm 情報が提供されていません
商品の重量 66.00グラム 66.00グラム 105.00グラム 130.00グラム 82.00グラム 69.00グラム

不明な点がある場合

商品情報、Q&A、レビューで回答を検索

リクエストの処理中に問題が発生しました。後でもう一度検索してください。
すべて 商品情報 カスタマー Q&A カスタマーレビュー

あなたの質問は、この商品を購入した出品者、メーカー、購入者が回答する場合があります。

有効な質問が入力されていることを確認してください。質問は編集することができます。または、そのまま投稿してください。

質問を入力してください。

商品の情報

カラー:ホワイト  |  サイズ:EUパッケージ  |  スタイル:有線

詳細情報

登録情報

保証とサポート

返品:Amazon.co.jpで購入した商品について、原則として未開封・未使用のものに限り商品到着後30日以内の返品を受け付けます(返品および交換不可の商品を除く)。商品到着後は速やかに商品の状態をご確認ください。初期不良の商品については、お客様からのお問い合わせ内容に応じて返品期間を過ぎてからでも受け付ける場合があります。なお、返品条件は、Amazon.co.jpが発送する商品と、Amazonマーケットプレイス出品者が発送する場合で異なります。家電&カメラの返品について、くわしくはこちら

商品の説明

カラー:ホワイト  |  サイズ:EUパッケージ  |  スタイル:有線

ROCCAT Kone Pro Ergonomic Performance Gaming Mouseをチェックしましょう。Kone Proは、14年にわたり研鑽された技術により66gという軽量さと機能性を誇り、象徴的なKoneの形状が実現する使い心地に妥協はありません。ROCCAT Bionic Shellの美しい半透明のフェードデザインはホコリや汚れに強く、AIMOのイルミネーションがそこから光を放ちます。Kone Proは、Titan Switch Opticalによってしっかりとしながらも反応の早いクリック感となっており、19K DPI Owl-Eye Sensor、PhantomFlexTMケーブル、熱処理加工された最高クラスのピュアPTFEグライドを採用しています。


メーカーより


カスタマー Q&A

カスタマーレビュー

5つ星のうち4.1
星5つ中の4.1
313 件のグローバル評価
評価はどのように計算されますか?

この商品をレビュー

他のお客様にも意見を伝えましょう

気になるトピックのレビューを読もう

上位レビュー、対象国: 日本

2021年6月6日に日本でレビュー済み
カラー: ホワイトサイズ: EUパッケージスタイル: 無線Amazonで購入
カスタマー画像
5つ星のうち4.0 本体は最高。ただめちゃくちゃ期待していた分、肩透かし
ユーザー名: ゴリラスチューデント、日付: 2021年6月6日
ゲーミングデバイス集めが趣味のFPSゴリラです。
結論からまず言うと、
「本体は完璧。そのままゲーミングとして使うのは信頼性の低さから使い物にならない」です。
理由は、読み進めていただけると助かります。

・大きさ
KPUより全体的に大きめです。
KPU、modelOwireless、GPROXSL比較で置きました。
横幅がかなり大きいため、全長はGPROXSLとさほど変わりませんがかなり大きく感じます。個人的にはKPUもっと大きくなったらなぁと思ってたから俺はこのサイズ感大歓迎

・持ち方
持った感じだと被せ掴みは優秀
つまみ持ちは結構マウスサイズデカめなので手の大きさ次第では使いづらいかも・・・?
つまみ持ちの指引いてエイムするやり方がマウスデカくてマウスのおしりが手のひらに当たるので一般的な手の大きさの方はつまみ持ちしづらいです。

・クリック
クリックは柔らかめ粘りがある感じ
その分サイドが押しやすいかなりハッキリしたクリック感
左右クリックがセパレートになったので押しやすい上に遊びが無いので使いやすいです。

・ソール
ソールはしっかり滑ってしっかり止まる素晴らしいセンサー周りのソールも追加されてる。
KPUはソールじゃなくて樹脂盛り上げてたので交換出来るのは好印象
e-sportstiger ICEで交換ソール出てくれると嬉しい

・問題点
1つ確実に言えるのはUSBレシーバーを手元に置けるように変換は欲しかったです。
PC本体にUSBレシーバーを取り付けるとシグナルが弱くなるのでカウント飛びを起こします。
対処法としてはバッテリーセーブをオフにすれば本体の電波が強くなりますが、従来のマウス近くにレシーバーを持ってくるスタイルでは無いので電波強度が少し弱いです。
最初自分の個体だけ入ってないのかと思い、探したぐらいです。
自分は余分に変換を持っていたので問題ないかもしれませんが、無い方はトラブルの潰しが効かないです。
この点だけ改善すれば、良いマウスになると思います。

・総評
本体はビルドクオリティは高く、マウスの各部にガタツキ等はなく素晴らしい出来の一言です。
ただ、やはり前記の問題が1mも離れていないPCで起きてる上に使用に問題があるトラブルなので追加で購入したり余ってる無線マウスの変換器を使うなど工夫が必要です。
このレビューの画像
カスタマー画像 カスタマー画像 カスタマー画像
カスタマー画像カスタマー画像カスタマー画像
14人のお客様がこれが役に立ったと考えています
違反を報告
2021年6月16日に日本でレビュー済み
カラー: ブラックサイズ: EUパッケージスタイル: 有線Amazonで購入
カスタマー画像
5つ星のうち5.0 神マウス
ユーザー名: SSR、日付: 2021年6月16日
写真の比較マウスはVaxeeのNP-01です。
個人的に外せないのでリザードスキンのグリップテープを使用しています。
また、有線のものをマウスバンジーで使用しています。
発売と同時に使い始めたので約1ヶ月半使用してのレビューです。

・形状
見ての通りエルゴノミクスの左右不対象タイプ
以前はRazerのViperUltimateを使っていました。
自分のマウスの持ち方はもともとかぶせでしたが今はつかみ持ち。
お尻がしっかりとあがっているのでつかみ持ちかぶせ持ちは手のひらがしっかりとフィットして相性いいです。
G pro WirelessやViperなどに比べるとやはり親指のフィット感と薬指小指の収まりが良くしっくり来ます。
左右対称系は80点まではがんばれても100点にはいけないなと改めて実感。

・クリック
光学式のスイッチです。
メカニカルに比べるとクリック感がよくないといわれることが多いですが、違和感無く、連打もしやすい良い調整がなされています。
ViperUltimateに採用されている第一世代のオプティカルスイッチよりは間違いなく良い。
第二世代は触っていないので分りません。

・サイドスイッチ
こちらは光学式ではありません。
チャタリングなど無く前後も押し間違えしづらい位置とサイズです。

・ホイール
引っかかりの少ない回し心地。
かなりこだわっているようで、回し心地は個人的にはよいです。
ノッチ感が強いものが好みの人には少し物足りないかもしれない。
ホイールがチャタリングしました。サポートに連絡し返品からすぐに新品が送られてきて、現在は問題なく使えています。

・ソール
青い保護テープがあるのではがして使いましょう。
ViperUltimateで使用しているe-sports TigerのICEと比べても遜色の無いすべり。
つまりすごくすべる。
角が立ってるなどの処理の甘さもなく、不満はありません。
替えのソールが1Set付いているのも好印象。

・ビルドクオリティ
強く握れば多少きしみますが、通常の使用できしんだり、それによりスイッチが誤作動するようなことはありません。
充分に優秀です。

・総評
現状ゲーミングマウスは単純スペックにおいてはほぼ頭打ちに来ています。
ポーリングレートが8000出たり、光学式のスイッチだから応答速度が速い、といったようなやや高スペックなものが最近でていますが、人間が認知するには難しい範囲です。
ですが、少しでも!という人にはいいと思います。
このマウスもスイッチが光学式なので、そこはおすすめできます。
そして、マウスにおいて重要なのは持ち心地と重さとソール。
重さとソールは充分に今の流行のスペックを満たしています。
持ち心地に関しては、エルゴノミクスタイプという性質上合う合わないが確実にあります。
ただ、合えばめちゃくちゃ合います。
自分は田舎に住んでいるのでサンプルを触ることなく購入しましたが、マウスは実物を触って購入するのが一番でしょう。

持ち方さえ合えば、間違いなく満足できるマウスです。
このレビューの画像
カスタマー画像
カスタマー画像
7人のお客様がこれが役に立ったと考えています
違反を報告
2021年6月13日に日本でレビュー済み
カラー: ブラックサイズ: EUパッケージスタイル: 無線Amazonで購入
カスタマー画像
5つ星のうち5.0 文句無し
ユーザー名: .、日付: 2021年6月13日
Kone pure ultra、Kone EMPとの比較です。写真の通りサイズは2つの中間くらいで、どちらのユーザーでも大きな違和感なく乗り換えられると思います。重量的はkpuより少し重いですが、EMPよりは遥かに軽いです。
ホイール下部にボタンが無いため今までそこの割当を多用していた方は注意が必要ですが、それを犠牲にしてでも買う価値はあると感じました。
ホイールの質感も大きく変わっていますが自分はすぐ慣れました。
サイドボタンは僅かに硬く、ストロークがコンマ数ミリ深くなっているようですが大きな問題は無いでしょう。
相変わらずSwarmは使いにくいですが、メインボタンのLEDはもちろんオフにできますし、充電残量に応じて色を変えるという設定もできます。
今の所接続が不安定ということも全く無いです。
これまでのKoneユーザーはもちろん、Gproが持ちにくいという方は是非試して欲しいと思います。
このレビューの画像
カスタマー画像
カスタマー画像
6人のお客様がこれが役に立ったと考えています
違反を報告
2021年6月4日に日本でレビュー済み
カラー: ホワイトサイズ: EUパッケージスタイル: 無線Amazonで購入
5人のお客様がこれが役に立ったと考えています
違反を報告
2021年6月10日に日本でレビュー済み
カラー: ブラックサイズ: EUパッケージスタイル: 無線Amazonで購入
カスタマー画像
5つ星のうち5.0 従来のKoneシリーズのフィット感そのままで軽量・ワイヤレス。文句なし。
ユーザー名: ひどらちゃん、日付: 2021年6月10日
長年ROCCATマウスを使い続けています。Koneシリーズは XTD/AIMO/Pure と購入しました。
昨今発売のKAINとPureとの比較レビューです。

まず KAIN 200 の欠点であった電池持ちと重量が改善され、他社の人気ワイヤレスと肩を並べる使いやすさを持つ様になりました。
充電率100%で、63時間使用可能。Bluetooth接続でなら公称100時間に届くのでしょうか?
1時間半程使ってみましたが100%のままでした。正しいのかな?

充電コネクタもKAINの様な独自形状ではなく、USB-Cで一般的な形になっています。
ので大正義のマグネット充電が使えます。変換コネクタで出っ張るような形にしています。

持った感じはPureを縦を大きくし、後ろを少し膨らませた感じ。
Koneシリーズを使った方なら何も違和感なく使えると思います。
ただ、Pureがぴったりフィットするという方には少し大きく感じるかもしれません。
親指~中指の位置は同じですが、薬指・小指が膨らんで、ゆったりと持つような感じになります。

個人的にはベストなフィッティング。
当方のPureは握り込んだら軋みが出てましたが、そういった問題もありません。

でTitanスイッチの光学式なので耐久性も安心。
クリック感はKAINより、メインが少し柔らかくなったかなと言う印象。
他の方のレビューにあるような、ボタンの違和感は感じられませんでした。
昨今見られる個体差でしょうかね…

ホイールはPureとほぼ同じ感覚です。サイドボタンは 圧 倒 的 に 使いやすい。
底面のボタンはプロファイル・DPI切り替えのみ対応。

ロジのG502WL・G604を繋いでるUSBハブに、一緒にレシーバーを刺して使っていますが、混線や遅延等も見受けられません。
(使わないマウスは本体側の電源を切っています)

不満点は、プロフィールアイコンを自作できなくなったこと。シンプルに一色のみです。
不具合とかはないですが、モチベーションの問題ということで。
マウス自体には全く不満はありません。
このレビューの画像
カスタマー画像 カスタマー画像 カスタマー画像 カスタマー画像
カスタマー画像カスタマー画像カスタマー画像カスタマー画像
4人のお客様がこれが役に立ったと考えています
違反を報告

他の国からのトップレビュー

Dominus
5つ星のうち5.0 Best mouse I ever had
2021年7月19日に英国でレビュー済み
カラー: ホワイトサイズ: USパッケージスタイル: 有線Amazonで購入
" Dr.Perun "
5つ星のうち1.0 Waste of cash. Nothing works. If i change dpi buttons dont react.
2021年10月21日に英国でレビュー済み
カラー: ブラックサイズ: EUパッケージスタイル: 無線Amazonで購入
Chris
5つ星のうち5.0 Roccat's Zenit!
2021年5月24日にドイツでレビュー済み
カラー: ホワイトサイズ: EUパッケージスタイル: 有線Amazonで購入
4人のお客様がこれが役に立ったと考えています
違反を報告
Matteo B.
5つ星のうち4.0 Kone Pro Air
2021年7月7日にイタリアでレビュー済み
カラー: ブラックサイズ: EUパッケージスタイル: 無線Amazonで購入
1人のお客様がこれが役に立ったと考えています
違反を報告
V. Erbraucher
5つ星のうち5.0 Sehr gute, leichte, ergonomisch geformte Maus
2021年7月17日にドイツでレビュー済み
カラー: ブラックサイズ: EUパッケージスタイル: 有線Amazonで購入
カスタマー画像
5つ星のうち5.0 Sehr gute, leichte, ergonomisch geformte Maus
2021年7月17日にドイツでレビュー済み
Sehr schöne Maus. Nach Kauf einer kleinformatigeren Tastatur von Roccat beim Medienmarkt für Kluge (Vulcan TKL Pro) als Ersatz für eine Maus-/Tastatur-Kombi von Razer, die ich an den Nachwuchs abgegeben habe, wollte ich auch eine Maus von Roccat haben und habe mir die Kone Pro und die Burst Pro bei Amazon bestellt. Fazit war wie erwartet: die Kone liegt sehr gut in der Hand, hat aber die AIMO-Funzeln vorne bei den Tasten, wo sie nicht so schön zur Geltung kommen. Das ist bei der Burst anders, die leuchtet rückwärtig wie die Reeperbahn, liegt aber nicht so schön ergonomisch in der Hand. Am liebsten wäre mir ein Mix: Ergonomie und Leuchten nach hinten. Okay, man kann nicht alles haben. An das leichte Gewicht musste mich allerdings erst gewöhnen, nachdem ich zwischenzeitlich meine schon etwas ältere Logitech MX Master 2s wieder in Betrieb hatte, ein schwerer, robuster Klotz in der Brandung. An die Logi lasse ich nix kommen, tolle Maus, passt nur optisch so gar nicht zum Keyboard. Fazit: die Kone ist ein federleichter Leuchtkeks, der prima in der Hand liegt. Kann man auf jeden Fall kaufen. Würde ich auch jeder Zeit wieder tun. Qualitativ geben sich Roccat und Razer bei der Hardware nicht viel, aber die SWARM-Software von Roccat finde ich deutlich besser als Razer Synapse. Das wäre für mich mittlerweile der Hauptgrund, Roccat gegenüber Razer klar zu bevorzugen.
このレビューの画像
カスタマー画像
カスタマー画像