SAO Amazonファミリー 本を聴くオーディブル Fine_Writing Amazon MasterCard nav_flyout_biss chizu ファッションサマーセール Fire 7 ・Fire HD 8 Fire TV ふくしまプライド。体感キャンペーン 実質無料サンプルストア 大型家具・家電おまかせサービス Echo Kindle Amazon MP3 水泳・スイミング用品 バチェラー シーズン2

正解するカド

シーズン1
(397)2017NR

世界の終わりと始まり。人類は「正解」できるのか。全ては、想像を絶するファーストコンタクトから始まった。突如出現した謎の存在「カド」。異常事態に翻弄される日本政府。そして世界の行方は、ひとりの交渉官(ネゴシエーター)に委ねられる——。 (C)TOEI ANIMATION,KINOSHITA GROUP,TOEI

プライム会員の方は追加料金なしで視聴できます
プライムで観る
30日間の無料体験を試す
注文を確定するかビデオを再生することにより、利用規約に同意したものとみなされます。販売者:Amazon.com Int'l Sales, Inc.
1. 第0話 ニノヴォ

「正解するカド」前日譚。外務省への異動を約一ヶ月後に控えた真道幸路朗と花森瞬は、総務省での最後の業務として、用地買収交渉を依頼される。すぐに交渉が成立するかと思いきや・・・。真道の「交渉」への信念が垣間見える、第1話の少し前のストーリー。 (C)TOEI ANIMATION,KINOSHITA GROUP,TOEI

NR 言語: 日本語 再生時間: 23 分 初公開日: 2017年4月6日
2. 第1話 ヤハクィザシュニナ

突如、羽田国際空港に謎の巨大立方体が現れ、離陸準備中の旅客機が乗客もろとも飲み込まれる。未曾有の事態に困惑する日本政府。果たして偶然乗り合わせた外務省の交渉官・真道幸路朗らを含む乗客の運命は。そして、謎の巨大立方体「カド」の正体と目的とは。 (C)TOEI ANIMATION,KINOSHITA GROUP,TOEI

NR 言語: 日本語 再生時間: 23 分 初公開日: 2017年4月6日
3. 第2話 ノヴォ

外務省の交渉官 真道幸路朗は、羽田空港に突如出現した巨大構造物に、旅客機ごと飲み込まれてしまった。日本政府は乗客の救助のため、理論物理学者・品輪彼方とともに尽力するが、構造物の強固な壁を前に、作業は困難を極める。その時、巨大構造物の上部に、取り込まれた真道幸路朗と謎の人物が姿を現した。 (C)TOEI ANIMATION,KINOSHITA GROUP,TOEI

NR 言語: 日本語 再生時間: 23 分 初公開日: 2017年4月15日
4. 第3話 ワム

謎の存在ヤハクィザシュニナは、交渉官・真道幸路朗に人類との間に立つよう協力を依頼したヤハクィザシュニナは日本国政府との交信を希望、対する政府は徭沙羅花国際交渉官を交渉役に任命する。今、人類と謎の存在との対話が始まろうとしていた。 (C)TOEI ANIMATION,KINOSHITA GROUP,TOEI

NR 言語: 日本語 再生時間: 23 分 初公開日: 2017年4月22日
5. 第4話 ロトワ

『カド』に取り込まれていた乗客の解放が始まった。一方で、ヤハクィザシュニナより日本政府へ、電力を無尽蔵に発生させる異方の物体『ワム』が供与された。人類の技術を超えた『ワム』をめぐり、日本政府はどう動くのか。世界の注目が集まるー。 (C)TOEI ANIMATION,KINOSHITA GROUP,TOEI

NR 言語: 日本語 再生時間: 23 分 初公開日: 2017年4月29日
6. 第5話 ナノカ

ヤハクィザシュニナが日本政府へ供与した、電力を無尽蔵に発生させる異方の物体『ワム』。国連安保理は国連主導でのワムの厳重管理を主張、制裁をチラつかせ、日本に即時提出を要求する。岐路に立たされた首相・犬束構造に、真道が持ち込んだ方策とは―。 (C)TOEI ANIMATION,KINOSHITA GROUP,TOEI

NR 言語: 日本語 再生時間: 23 分 初公開日: 2017年5月6日
7. 第6話 テトロク

ヤハクィザシュニナと真道幸路朗の依頼により、理論物理学者・品輪彼方は『ワム』の製造法を習得。覚悟を決めた犬束首相は、その方法を全世界に公表した。世界がどよめく中、真道らは、羽田空港を占拠し続けるカドに対し、ある計画を立ち上げ解決に乗り出す。 (C)TOEI ANIMATION,KINOSHITA GROUP,TOEI

NR 言語: 日本語 再生時間: 23 分 初公開日: 2017年5月13日
8. 第6.5話 エクワリ

羽田国際空港に現れた謎の巨大立方体「カド」と異方存在ヤハクィザシュニナ。そして彼と人類との間に立つネゴシエーター真道幸路朗。果たして、異方に触れたこの世界はどこへ向かうのかー。1~6話までの物語をナレーションと音楽で振り返る、特別総集編。 (C)TOEI ANIMATION,KINOSHITA GROUP,TOEI

NR 言語: 日本語 再生時間: 23 分 初公開日: 2017年5月20日
9. 第7話 サンサ

『ワム』の製造法公開で社会が揺れる中、真道幸路朗は羽田空港を占拠し続けるカドの移転計画に尽力。各所の協力の下カドは無事、狭山湖へ移動した。だが、息つく間もなく、ヤハクィザシュニナは、新たな異方の物体を真道に見せる。その驚くべき機能とはー。 (C)TOEI ANIMATION,KINOSHITA GROUP,TOEI

NR 言語: 日本語 再生時間: 23 分 初公開日: 2017年5月27日
10. 第8話 タルネル

言野匠はカド内部でヤハクィザシュニナを取材。そこで目にしたのは人類に異方の感覚を与え、睡眠をも不要とする装置『サンサ』であった。その一方で、交渉官・徭沙羅花は「ヤハクィザシュニナを、異方に帰したい」と、真道幸路朗に自身の望みを伝えるがー。 (C)TOEI ANIMATION,KINOSHITA GROUP,TOEI

NR 言語: 日本語 再生時間: 23 分 初公開日: 2017年6月3日
11. 第9話 ナノミスハイン

SETTENの言野匠は、ヤハクィザシュニナと共に異方の装置『サンサ』の映像を世界配信した。一方、徭沙羅花が打ち明けた、人類と世界の尊厳を守りたいという想いが、真道幸路朗の胸中に一石を投じ、真道はザシュニナと話すべくカド内部へ向かうのだがー。 (C)TOEI ANIMATION,KINOSHITA GROUP,TOEI

NR 言語: 日本語 再生時間: 23 分 初公開日: 2017年6月10日
12. 第10話  トワノサキワ'

ワムとサンサが世界を席巻する中、ヤハクィザシュニナは真道幸路朗に更なる異方の物体を提示し、異方存在の本質的な欲求を告白する。しかし彼の動きに疑念を抱く国際交渉官の徭沙羅花は、性急すぎる人類の進化に異議を唱え、遂にザシュニナと対峙した。 (C)TOEI ANIMATION,KINOSHITA GROUP,TOEI

NR 言語: 日本語 再生時間: 23 分 初公開日: 2017年6月17日
13. 第11話 ワノラル

ヤハクィザシュニナの企みを阻止すべく力を振るうも敗れた徭沙羅花は、隔絶空間で深手を負った真道幸路朗の傷を癒しながら、この宇宙に降り立った想いを打ち明けた。一方ザシュニナは複製真道とともに『ナノミスハイン』を人類へと広め始めた。 (C)TOEI ANIMATION,KINOSHITA GROUP,TOEI

NR 言語: 日本語 再生時間: 23 分 初公開日: 2017年6月24日
14. 第12話 ⊿Γ≡

人類の異方変換を企むヤハクィザシュニナを阻止すべく、品輪彼方らの力を借りて、密かに備える真道幸路朗たち。「双方の望みを叶える」という真道の策は、人類を正解へと導けるのかー?拡がり始めたカドに世界が混乱する中、最後の“交渉”が今、始まるー。 (C)TOEI ANIMATION,KINOSHITA GROUP,TOEI

NR 言語: 日本語 再生時間: 25 分 初公開日: 2017年7月1日

カスタマーレビュー

トップカスタマーレビュー

2018年1月3日
形式: Amazonビデオ|Amazonで購入
8人のお客様がこれが役に立ったと考えています
|コメント|違反を報告
2017年7月1日
形式: Amazonビデオ|Amazonで購入
88人のお客様がこれが役に立ったと考えています
|コメント|違反を報告
2017年8月6日
形式: Amazonビデオ|Amazonで購入
9人のお客様がこれが役に立ったと考えています
|コメント|違反を報告
2017年7月28日
形式: Amazonビデオ|Amazonで購入
41人のお客様がこれが役に立ったと考えています
|コメント|違反を報告
2017年7月2日
形式: Amazonビデオ|Amazonで購入
24人のお客様がこれが役に立ったと考えています
|コメント|違反を報告
2017年7月8日
形式: Amazonビデオ|Amazonで購入
37人のお客様がこれが役に立ったと考えています
|コメント|違反を報告
2017年7月15日
形式: Amazonビデオ|Amazonで購入
15人のお客様がこれが役に立ったと考えています
|コメント|違反を報告
2017年6月22日
形式: Amazonビデオ|Amazonで購入
83人のお客様がこれが役に立ったと考えています
|コメント|違反を報告

最近のカスタマーレビュー