この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
15点すべてのイメージを見る

concrete5 公式活用ガイドブック (Web Designing BOOKS) 単行本(ソフトカバー) – 2014/2/14

5つ星のうち 4.2 11件のカスタマーレビュー

その他(3)の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
Kindle版
"もう一度試してください。"
単行本(ソフトカバー)
"もう一度試してください。"
¥ 19,138 ¥ 4,831
click to open popover

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。



【Amazon Global】OTAKU Store
Figures, Video Games, Blu-ray, DVD and Music of Japanese Anime, Games and Pop Culture Shop now

商品の説明

内容紹介

concrete5(コンクリートファイブ)はオープンソースのコンテンツ管理システム(CMS)で、編集の自由度の高さや使いやすさ、デザインカスタマイズの容易さ、機能拡張の柔軟さなどが注目され、ユーザー数を伸ばし続けています。
本書はconcrete5のコミュニティメンバーが執筆した、初の日本語公式書籍となります。

concrete5をこれから使い始める方や興味のある方だけでなく、すでにお使いのデザイナーや開発者の方にも役立つよう、章ごとにテーマを決めて、解説を行っています。

Chapter01~03は「使い方編」として、concrete5を使用するすべての方を対象にし、編集モードや管理画面の使い方をまとめています。
Chapter01「concrete5の基本」ではconcrete5の特長や歴史などの概要を紹介。また、本書を読み進めるために、レンタルサーバやローカルにconcrete5をインストールする方法について解説します。
Chapter02「編集モードの使い方」では、concrete5を使ったコンテンツ編集を行なう「編集モード」の使い方と、ページの追加方法を解説します。
Chapter03「管理画面の使い方」では、concrete5の管理画面について、一通り紹介します。また、マーケットプレイスから便利なアドオンやテーマをダウンロードする方法も解説します。

Chapter04は「カスタマイズ編」で、主にウェブ制作に携わるデザイナーやマークアップエンジニアの方を対象にしています。concrete5でオリジナルデザインのウェブサイトを制作するために必要な、テーマとカスタムテンプレートを作成する方法を解説。サンプルサイトを構築しながら解説していきますので、ぜひサンプルデータと見比べながら読み進めてください。

Chapter05は「運用編」で、concrete5でサイトを運用したい方を対象とした章です。ウェブサイトを作るだけがCMSの役割ではありません。むしろ、ウェブサイトを作ってからがCMSの本領発揮と言えるでしょう。このChapterでは、concrete5の権限設定や公開前に確認しておきたい各種設定項目、表示の高速化、更新作業を簡易化してくれるコンポーザーの使い方について解説します。

Chapter06は「開発編」として、プログラマーの方を対象としています。concrete5のアーキテクチャの紹介やパッケージの作成方法など、concrete5を使いこなしたい開発者向けの情報です。

「本書が制作のオプションを増やしたいウェブデザイナー、自社のウェブサイトをもっと効率的に、自由に管理したいウェブ担当者、そして自分のウェブサイトを自分で運営したい全ての方の一助となることを願っています。」(著者まえがきより)

内容(「BOOK」データベースより)

編集の自由度の高さや使いやすさ、デザインカスタマイズの容易さ、機能拡張の柔軟さで注目を浴びるCMS。concrete5を主要機能解説&サンプルサイト制作で本格攻略!Chapter01~03は「使い方編」、04は「カスタマイズ編」で、「テーマ」の作り方と、各ブロックの見た目をカスタマイズできる「テンプレート」のしくみについて解説。05は「運用編」で、権限設定や各種設定の変更方法、表示の高速化について、06は「開発編」として、concrete5のアーキテクチャの紹介やパッケージの作成方法などについて解説している。

商品の説明をすべて表示する

登録情報

  • 単行本(ソフトカバー): 336ページ
  • 出版社: マイナビ (2014/2/14)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 4839943842
  • ISBN-13: 978-4839943844
  • 発売日: 2014/2/14
  • 商品パッケージの寸法: 23.4 x 18.6 x 2.6 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.2 11件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: 本 - 352,976位 (本の売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?

  • 目次を見る

カスタマーレビュー

トップカスタマーレビュー

形式: 単行本(ソフトカバー) Amazonで購入
concrete5の日本語書籍は初なので、定本といったところでしょうか。
きっちり読むと基本的な事は一通り書かれているような気はしました。
わからないところは、公式の動画等で補足すると良いと思います。
ただし、出版当時はバージョン5.6で、現在はバージョン5.7が出ており、
構造が大幅に変更されています。
現場レベルではまだ5.6も使われているようですが、徐々に5.7を使いたい頃なので
5.7版と、ユーザー向けの初心者本が出て欲しいです。
コメント 10人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本(ソフトカバー) Amazonで購入
日本語情報が少ないConcrete5にとって貴重な一冊です。

インストールから始まり、基本操作は大方学べるといえます。

全体的には初心者~中級者向けの情報だと感じます。
インストールし運営することはこの本で全て学べます。
よくまとまっている良書です。

ただ、ブロックやパッケージの開発など、より高度な使い方はあまり解説されていません。
開発者向けの情報が欲しかった私にとっては物足りない内容でした。

次はぜひ技術編を出してほしいなと思います。
コメント 6人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本(ソフトカバー)
つい先日、concrete5をダウンロード、インストールしました。日本語の解説が少ない中、公式サイトからこちらの1冊を知り購入しました。
が、最新バージョン5.7以降では、ユーザーインターフェースが大きく変わっており、残念ながらマニュアルとして使えるものではありませんでした。。
まずは基本的な操作を本を見ながら覚えて・・・と思っていたのですが、操作方法やメニュー表示内容が全く異なるので使用できません。
かといって、5.6にダウングレードするのも気が進まないため、公式サイトのマニュアルを見ながら覚えようと思います。
コメント 10人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本(ソフトカバー) Amazonで購入
全くの入門用途にはちょっとハードルが高いかもしれません。
ただ全般的な機能や少々コアな部分もきちんと丁寧に説明されていますので、既に使用していて更に使いこなすための参考には良いと思います。
コメント 3人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本(ソフトカバー) Amazonで購入
本書を待っていたユーザーは多いのではないだろうか?
Concrete5は商用からオープンソースへと展開した完成度の高いCMSだ。ユーザーやデザイナーにはブラウザ上でコンテンツをページごとに作成・編集できるユーザーフレンドリーなインターフェイスを実現しながら、開発者にはMVCを用いたカプセル化されたコアシステムをオーバーライドして拡張していく仕組みを提供する。
認証システムやキャッシュコントロールなども標準で備えるのもうれしいところだ。
有料のプラグインやテーマ販売でのビジネスモデルが確立されているので一般的なサイトモデルに対応する様々な安価で完成度の高いプラグインも豊富である。
本書は、導入から運用、チュートリアル、そして開発の入り口、情報収集の仕方までを網羅した、この1冊でConcrete5でのサイト制作の入り口立てる1冊であると言える。
コメント 2人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本(ソフトカバー)
concrete5を初めて触る方でも、ホスティング、mac、windows、それぞれの環境構築方法が順を追って記載されているので、これを読めば簡単に構築できると思います。
chapter2,3で約100Pにわたって、基本的な使い方の記載があります。
しかし、すぐにconcrete5でとりあえず、サイトを作ってみたいという人はあっさりchapter4の「オリジナルデザインのサイトを作る」から読み進めると良いと思います。
後半のchapter5,6はシステム的な記載がメインの為、デザイナーの方には少し敷居が高いかと。

デベロッパー、デザイナーの方、共に利用できる書籍だと思います。
コメント 2人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告