L change the WorLd comple... がカートに入りました
数量:1

こちらからもご購入いただけます
カートに入れる
¥ 4,180
通常配送無料 詳細
発売元: Angelarme
カートに入れる
¥ 4,280
通常配送無料 詳細
発売元: かばいち堂 【古物営業許可証:第651010000548号】
カートに入れる
¥ 5,000
通常配送無料 詳細
発売元: ニコニコ書房【海外発送可能・年中無休です!!】
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する

L change the WorLd complete set[DVD3枚組]

5つ星のうち 3.4 96件のカスタマーレビュー

参考価格: ¥ 6,090
価格: ¥ 3,499 通常配送無料 詳細
OFF: ¥ 2,591 (43%)
残り2点 ご注文はお早めに 在庫状況について
この商品は、ひいらぎ本舗が販売し、Amazon.co.jp が発送します。 返品については出品者のリンクからご確認ください。 この出品商品には代金引換とコンビニ・ATM・ネットバンキング・電子マネー払いが利用できます。 ギフトラッピングを利用できます。

Amazonビデオ

Amazonビデオは新作映画や話題のTV番組、アニメなどをいつでも気軽に楽しめるデジタルビデオ配信サービスです。 パソコンやFireのほかiPhoneやiPadでも観ることができます。詳細はこちら

【Amazon Global】International Shipping Made Easy
Shipping to over 65 countries, Simplify customs Learn more


キャンペーンおよび追加情報

  • 予約商品を通常商品と同時にご注文の場合、通常商品も予約商品の発売日にまとめて発送される場合がございます。通常商品の配送をお急ぎの方は別々にご注文されることをおすすめします。 予約注文・限定版/初回版・特典に関する注意はこちらをご覧ください。

  • Amazon.co.jpが販売する一部の商品はお一人様のご注文数量を限定させていただいております。限定数量を超えるご注文の際にはキャンセルさせていただく場合がございますのであらかじめご了承ください。

  • 【買取サービス】 売れば売るほどお得なキャンペーン実施中。宅配買取もしくは出張買取を選択してAmazonアカウントを使用して簡単お申し込み。 買取サービスページをチェック。

  • 【DVD・ブルーレイ リクエスト】「パッケージ化」をはじめ、「廃盤商品の再発」、「日本語吹替・字幕版」、「英語字幕版」や「プライムビデオ化」を希望するタイトルを募集中。今すぐチェック


よく一緒に購入されている商品

  • L change the WorLd complete set[DVD3枚組]
  • +
  • DEATH NOTE デスノート / DEATH NOTE デスノート the Last name complete set [DVD]
  • +
  • DEATH NOTE dead or alive ~映画「デスノート」をアシストする特別DVD~
総額: ¥7,779
選択された商品をまとめて購入


登録情報

  • 出演: 松山ケンイチ, 工藤夕貴, 福田麻由子, 南原清隆, 福田響志
  • 監督: 中田秀夫
  • 形式: Color, Dolby, DTS Stereo, Widescreen
  • リージョンコード: リージョン2 (このDVDは、他の国では再生できない可能性があります。詳細についてはこちらをご覧ください DVDの仕様。)
  • 画面サイズ: 1.78:1
  • ディスク枚数: 3
  • 販売元: VAP,INC(VAP)(D)
  • 発売日 2008/06/25
  • 時間: 129 分
  • おすすめ度: 5つ星のうち 3.4 96件のカスタマーレビュー
  • ASIN: B001859AQQ
  • EAN: 4988021130691
  • Amazon 売れ筋ランキング: DVD - 19,285位 (DVDの売れ筋ランキングを見る)
  •  カタログ情報を更新する画像についてフィードバックを提供する、または さらに安い価格について知らせる

商品の説明

内容紹介

あの『デスノート』スピンオフ!!

Lが変わるのか。世界が変わるのか。
知られざる“最期の23日間”に目を凝らせ!

■全世界注目の「デスノート」スピンオフ!
■描かれるのは、「L、最期の23日間」。誰もが知りたかった謎が、ついに明かされる!
■Lでさえ予測不能の展開。今度の敵が手にするのは、人間の手で作り出された《死神》?
■主演・松山ケンイチ×監督・中田秀夫。2008年、Lは更なる進化を遂げる。
■豪華キャストとともにはじまる、もうひとつのLの物語。
■主題歌はレニー・クラヴィッツの「I’ll Be Waiting」

三方背クリアケース付 デジパック仕様
※デザイン、仕様・収録内容は変更になる場合がございます。ご了承下さい。

【本編ディスク】
本編129分/カラー/5.1chト゛ルヒ゛ーサラウント゛,2chステレオ/ドルビーデジタル/片面2層/16:9 LB(予告編集4:3)
★本編 ★劇場用予告編集

【メイキング・ディスク】
約120分予定/カラー/ドルビーデジタルステレオ/片面2層/16:9 LB
★『L change the WorLd』メイキング完全版 全二部作 〔日本編〕〔タイ編〕

【お楽しみ・ディスク】
約120分予定/カラー/2chステレオ/ドルビーデジタル/片面2層/16:9 LB(一部4:3)
★クランクアップ会見
★ジャンフェス2007『L』ステージイベント上映映像/ブース上映映像
★アジア・キャンペーン(韓国~香港~台湾)
★ジャパン・プレミア
★初日舞台挨拶サーキット
★大ヒット御礼イベント・弾丸ツアー
★『outside of file No.15』
★『スピンオフ松田刑事』
★『L 再起動』(チャンネルNECO DVD EDIT ver.)
★各種スポット集
★ナビゲートDVD「L WorLd of change the WorLd」の全隠し映像集
★デスノート検定・全解答
★デスノートDVD・隠し映像在り処・全解説(静止画予定)


【封入特典】
★「L change the WorLd」 劇場用ポスタービジュアルを使用した大型カードセット(計3枚)
★24ページ/オールカラー・ブックレット

Amazonレビュー

2008年2月に公開された、松山ケンイチ主演の異色ムービー。大場つぐみによる人気コミック『DEATH NOTE』のスピンオフ作品で、原作からそのまま抜け出したような松山の“L”役が話題を呼んだ。本作は、キラとの壮絶な頭脳戦の末倒れたLの“最期の23日間”を描いたもので、謎に満ちた彼の時間が明らかにされている。本DVDでは、映画本編はもちろん、“L change the WorLd”に伴うすべてのムーブメントをとらえており、メイキングやアジア・キャンペーン、ジャパン・プレミアなど各種イベントの模様や、ファンの熱意が試される“デスノート検定”など、お楽しみ企画も多数盛り込まれている。明晰な頭脳と飄々とした雰囲気、そして子供のような茶目っけを持ち合わせた“L”と、まさにLそのものの松山をたっぷり味わえる、コレクタブルな一品。(みきーる)

商品の説明をすべて表示する

カスタマーレビュー

トップカスタマーレビュー

小説版と異なるストーリーとの事で、期待して劇場に足を運んだのですが、あまり楽しめませんでした。映画なので感染した少女を連れまわすのはまだアリだと思います。しかし折角のスピンオフ作品にも関わらず、犯人の策略に嵌まりピンチに陥りながらも、それをある程度予測した上で、常に一枚上手を行くという様な、Lらしい知略に満ちた場面が殆ど見られない。キラ事件が彼にどれ程の影響を与えたか、
迫り来るタイムリミットの中で、映画でもLの心情を感じさせる場面を、もう少し見たかった。小説ではそういったLの内面を、会話や仕草で描写するシーンが随所に見られますし、個人的には、この映画には不必要とも思える残酷な映像表現もありました。元々心理戦が主眼に置かれた作品で、事件の解明よりも、キラ事件を念頭に置いたLの変化が、最大の魅力であったろうと思います。公開を楽しみにしていただけに、予告に過度な期待を抱きすぎた、という印象のスピンオフ作品でした。
コメント 31人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
Amazonで購入
良くも悪くも写真集の延長版のような、松ケンLを堪能するための作品。
原作にないアクティブな部分も含めて、いろんなLの表情を見ることができます。
Lの人間的成長や人とのつながりを描くのが主旨らしいのですが、それならあの今時投稿漫画
でもやらないような陳腐なシナリオは、もうちょっとどうにかならなかったんでしょうか。
巨額を投じた村の爆破シーンや、B級ホラーもどきのウィルス感染シーンも、はっきり言って
目障りで映画の印象を悪くしているとしか思えません。

ただ、Lとワタリとの関係が、デスノートの月と総一郎親子の対比として描かれているようで、
そこはとても良かったと思います。
原作漫画ではLとワタリはほぼ同時に抹殺されるので、ワタリに先立たれたLがどうなってしまうのかは
描かれていないのですが、Lにとってワタリは誰よりも身近で特別な存在だったはず。
というか、そうであってほしいと個人的に思っています。
だから原作では描かれていない部分を創作し、Lの感情にあえて踏み込んだのは良かったですね。
ワタリの遺体を見つめるLの沈んだ表情が痛々しかった。松ケンの深い演技に鳥肌が立ちました。
前作デスノートの月は、父総一郎の期待や理想を裏切り遂には父を殺そうとした息
...続きを読む ›
コメント 24人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
投稿者 投稿日 2008/10/26
デスノートを子供にすすめられ見て、松山ケンイチという俳優を知り、上手い!魅力的な俳優と期待し見ました。Lはまぁいいでしょう・・・内容が、やすもんのテレビドラマみたいで・・・俳優さん可哀想。ナンチャンがFBI捜査官で出てきた時思わずゲッとなりました。お笑いの人が悪いというのではありません。素晴らしい演技する人いっぱい居ます。しかしナンチャンは下手です。ホラー+お笑いにしたかった?なんか話の中心も見えなくて残念でした。
コメント 35人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
初日に映画を見た時にも思ったことだったのですが、
演出や内容に関して、色々とガッカリとしてしまう部分が多かったです。

まず、敵側のリーダーらしき人物が、冒頭でいきなり殺されてしまったり、
Lのアジトに難なく潜入できてしまう点。
同様にFBⅠ捜査官も場所を特定し、潜入できていたのも疑問です。

その他『5年もかかる』と言っていたワクチンを、たった一人でものの数日(もしかして3日?)でサンプル化させていたり、
しかもそれが出掛ける時には一本だったはずが、翌日には100本近くに増産されている矛盾・・・。

そして何より、あれだけウイルスが蔓延している環境化にいておきながら、
Lが一切ウイルスに感染していないのも、違和感を覚えました。
『デスノートに名前を書き込んでいたから』という理由があったのであればそれまでですが、
さすがにあのウイルスの特性が判明した上で、あれだけ変化が何にもないのはおかしいです。。。

またこれとは別に、監督がホラー映画の監督であったこともあるかとは思いますが・・・。
ヒロインの父親が亡くなるあのシーンは、いくらなんでも怖すぎます。
確かにデスノートは人がばったばったと死にますが、別にホラー映画で
...続きを読む ›
コメント 7人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告

最近のカスタマーレビュー



クチコミ

クチコミは、商品やカテゴリー、トピックについて他のお客様と語り合う場です。お買いものに役立つ情報交換ができます。
この商品のクチコミ一覧
トピックをすべて見る...


フィードバック